自分の剣を磨かない武士を、本物の侍と呼べるでしょうか?
自らの体を鍛えない短距離ランナーを、一流のアスリートと呼べるでしょうか?

そう、つまりペニスを鍛えない男も一流の「漢」とは言えないはず。

アスリートは勝負の一瞬のために常に鍛えているからこそ、大きな結果が出せると考えられます。

今回は通称「チントレ」、欧米式で最も信頼されている3つのペニス増大エクササイズをご紹介します。

増大法の前に、まずはペニスの構造を知るべし

机の上に置かれた三本のダーツの矢

あなたは自分のペニスについて、どのくらいのことを知っているでしょうか?

まさかペニスの内部に骨があるなんて思っている漢はいないと思いますが、ペニスの正体は骨でも筋肉でもなく、軟組織です。

三本の矢とそれを束ねる筋膜

ペニスの内部は3つの筒状の組織で構成されています。

上部(おへそ側)に太い2本の筒が横並びに、その下には細い筒が1本(尿道)という構造になっています。

そしてその3本の筒を陰茎筋膜という膜が覆っていて、3本の筒を束ねている状態です。

アベノミクスに倣って、「オレノペニスの三本の矢」と覚えましょう。

海綿体が勃起の立役者

3本の筒の中には海綿体と呼ばれるスポンジのようなものが入っています。

ペニス内部組織の断面図
画像元:blog.livedoor.jp

 
性的興奮時にそれらが血液を吸収して硬く膨張し、ペニス全体が勃起状態となります。

ペニスは主に思春期に発達するものですが、我々成人男性でも、3本の筒(主に上の2本)とそれを包む筋膜を拡張させるエクササイズによって、ペニスを大きくすることが可能です。

ネット上には様々な方法が掲載されていますが、後述する「欧米で最も信頼されている3つのチントレ(ペニス増大エクササイズ)」を知っておけば問題ないでしょう。

怠ってはいけない二つの準備

準備体操をしている筋肉質の男性

具体的なペニス増大エクササイズを始める前に、必ず覚えてほしい二つの準備体操があります。

運動前に「準備体操をしっかりしなさい」と言われますが、エクササイズによるペニス増大法も例外ではありません。

  • 陰茎筋膜を拡張させること
  • 海綿体が溜め込むことができる血液量を増大させること

チントレの論理的な目的は、この二点の強化にあります。

ペニスをすぐに大きくしたい焦る気持ちはよくわかりますが、焦りは禁物です。

以下が二つの準備体操です。

1. ペニスへの血流を良くするウォーミングアップ

綺麗に畳まれたタオル

ペニス増大にも怪我防止のためにも、このウォーミングアップは非常に重要です。

面倒と思うかもしれませんが、エクササイズの前には必ず行ないましょう。

  1. タオルなどの布をお湯に浸けます。(いつものお風呂より少し高めの温度が推奨されますが、火傷の恐れがありますので温度の上げすぎには注意してください。)
  2. タオルから余分な水分を絞り、温まったタオルをペニス全体に巻いて、1分間温めます。
  3. このプロセスをあと2回(合計3回)繰り返します。(ペニスがしっかり温められるように、お湯の温度が下がってきたら新しいお湯に換えましょう。)
  4. 清潔で柔らかい乾燥したタオルを使い、ペニスの水分を優しく拭き取ります。

このウォーミングアップによって、ペニスの皮膚の伸縮性が上がり、ペニスへの血流も良くなります。

2. 潤滑剤(ローション)を使って皮膚を守る

無地ラベルのローションのボトルコレクション

セックスでルーブという液体を使ったことはありますか?

日本でいうとローションのようなものですが、セックスで性器につけて性器同士の接触を滑らかにし、皮膚を保護する効果のある液体です。

エクササイズの際にルーブを使うことで皮膚の摩擦を減らすことができ、ペニスの肌荒れを防ぐことができます。

チントレにはウォーターベースがおすすめ!

油でできたオイルベースのものと、水でできたウォーターベースのものがありますが、ウォーターベースは比較的サラサラしていて洗い落としも簡単ですのでそちらをお勧めします。

ペニスに怪我をさせてしまうリスクを減らすだけではなく、結果的に効率よくストレッチでき、チントレ効果も最大化できます。

大人気の増大サプリ「ヴィトックスα」のリキッドタイプを潤滑剤として使用するのもクレバーです。まさに一石二鳥。
→ ヴィトックスα(エキストラエディション)の口コミ・価格まとめ

欧米式!3つのペニス増大エクササイズ

さて、それではいよいよ実際のペニス増大エクササイズ方法をご紹介します。

いろいろな方法が言われていますが、以下の3つがベターなのでまずはこれだけでも十分です。

1. ペニス増大ストレッチ「OK法」

指でOKサインを作っているカメラマン男性

一つ目のチントレ方法は、(勝手に名付けましたが)「OK法」と呼ばれるペニス増大ストレッチです。

OK法の狙いは大きく分けると二つあります。

  • 引き伸ばし運動によって、体内にある陰茎ワナ靭帯と呼ばれるペニス上部の靭帯を引き延ばすことができ、体内に埋もれているペニスを引っ張り出すことができる
  • ペニス内部の筒状の組織(海綿体)を包んでいる皮膚の伸縮性を向上し、海綿体が膨張できるスペースを広げられる

スペースが広がった状態の海綿体はさらに膨張することが可能になり、この繰り返しによってペニス増大効果が期待できます。

それでは方法を見ていきましょう。

「OK法」の手順

  1. ベッドやソファーの端に腰掛け、親指と人差し指でオーケーサインを作りペニスを掴みます。(ペニスの体内に隠れている部分を圧迫しないように気を付けて座りましょう)
  2. そのままペニスを前方に30秒から40秒間引っ張ります。強く力を入れすぎてはいけませんが、ペニスが指から抜けてしまわないようにしっかりと掴みます(カリの部分に指を引っ掛けるイメージです)。痛くない程度に、ペニス内組織が引き伸ばされていることを感じられる程度の力で引っ張るのがベストです。
  3. 30~40秒経過したら一度引っ張るのをやめ、30秒から40秒間ペニスから手を離します。
  4. 同じようにペニスを持ち上げ、もう一度前方に30秒から40秒間引っ張ります。
  5. 今度はインターバルをおかず、そのまま左前に向けて30秒から40秒間引っ張ります。
  6. さらに続けて右前方向に30秒から40秒間引っ張ります。
  7. 最後に、ペニスを引っ張りながら円を描くように360度ゆっくりと回します(30秒から40秒間)。

推奨は一日4~6セットです。

ストレッチが終わったらペニスをリラックスさせ、血液をペニスに送ります。

ストレッチの後にもし射精したい気分になってしまったら、そのまま発射しても問題ありません。

痛みを感じる場合は注意!

このストレッチは、正しく行われている時には全く痛みを感じないものです。

もし痛みを感じる方は、ペニスの持ち方を変えたり引っ張る強さを弱めてみたりして、ペニスが怪我をしてしまわないように細心の注意を払って行いましょう。

2. ミルキング(ジェルキング)

絞られた牛乳(ミルク)の画像

OK法は勃起していない通常時に行うチントレで、ペニスの長さを伸ばすのに有効です。

ペニスの直径を太くするためには、半勃起状態で行う牛の乳搾りをするようなミルキング(ジェルキング)という手法がポピュラーです。

ミルキングは長さを伸ばすことにもつながりますが、充血状態を保ちながらペニスの先端に向かって血液を集めていくので、ペニスの密度を高めながら太くするのに有効です。

ペニス全体をバランス良く肥大させてくれるチンコ増大法ですね。

ミルキングの手順

  1. 潤滑剤をペニスにつけます(ヒリヒリするので石鹸は絶対に使ってはいけません!)。途中でルーブを付け足す必要があるかもしれませんので、蓋を開けた状態で近くに置いておきましょう。
  2. 片手の親指と人差し指でオーケーサインを作り、ペニスの根元部分を締め付けてペニスに血液を集めて半勃起状態にします。
  3. 半勃起状態をキープしながら、親指と人差し指でペニスの根元を掴みます。
  4. 親指と人差し指で作った輪を根元から先端(亀頭)に向けて滑らせます。適度に力を入れながら、3秒間かけて根元からカリの部分まで牛乳を絞るように押し出していきます。
  5. 左右の手を交互に使い、同じ運動を何度も繰り返します。毎回必ず根元から始めます。

途中でもしもフル勃起してしまったら、一度落ち着いてから再開するといいでしょう。

文章で分かりづらい場合は、上記の動画を参考にしてみてください。

3. 恥骨尾骨筋(PC筋)トレーニング

皮をむいたバナナを手で持っているシーン

恥骨と尾骨を結ぶ恥骨尾骨筋(PC筋)は普段、尿を出したり止めたりするのに使われる、ペニスと肛門の間にある筋肉です。

残尿を絞り出そうとしている時に使う筋肉を想像すると分かりやすいかもしれません。

PC筋を鍛えることで、体内に隠れている部分のペニスが前方に押し出されると同時に、血液をペニスに送り出す役割もあるため勃起力が上がります。

PC筋トレーニング方法

  • PC筋を意識しながら1滴残さず残尿を絞り落とす
  • 肛門を締める運動を繰り返す
  • 勃起時にペニスをピクピクさせる運動を繰り返す

普段からこれらを意識すると良いでしょう。

実は「おしっこを出る直前でギリギリまで我慢する」という方法もあるのですが、“射精のタイミングのコントロール”を求められるAV男優のしみけんさんは、これをやり過ぎていた頃に突然体内に大きな痛みが走ったことがあるそうです。

無理せず、ほどほどに…ということですね。

ペニス増大サプリと兼用するのも◎!

テーブルに置かれた4つのサプリメント

これら3つのチントレと、ペニス増大サプリを同時に使用するのもおすすめです。

ほとんど詐欺のような悪質な商法をしている“偽物”も多く存在しますが、漢にうれしい成分をしっかりと配合しているサプリもあります。

L-シトルリンやL-アルギニン、カンカ、トンカットアリ、田七人参などが含まれているものを選ぶといいでしょう。

くれぐれも「一週間で5cm大きくなりました」という赤外線写真を載せているようなサプリは避けてください。ペニスのメカニズムを知れば、あり得ないということが分かるはずです。

漢気ネットでは、信頼性の高い増大サプリのみを厳選してまとめています。参考にしてみてください。

地道な努力の積み重ねが結果をつくる

ペニス増大系のサプリは「飲めばペニスが大きくなる」ではなく、「筋トレ×プロテイン」のような関係性程度に捉えましょう。

日々のチントレ(ペニス増大エクササイズ)はペニスを必ず増大させてくれます。

そのサポートとして、漢に必要な栄養素を補えるサプリメントを摂ることはとてもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「チントレ効果を最大化する2つの準備体操」と「欧米式で最も信頼されている3つのペニス増大エクササイズ(チントレ)」をご紹介しました。

一流の漢を目指すなら、日々武器を鍛えることはとても大切です。

最後に、スポーツ業界でよく言われることを引用しましょう。

トレーニングは嘘をつかない。
─詠み人不明

毎日ではなくてもいいので、少しずつ時間を見つけてトライしてみましょう。

最も効果のあるチントレを探せ!3つの欧米式ペニス増大エクササイズ

シェアしづらさを乗り越えての漢!