遅漏やED、フニャチンで悩む漢もたくさん存在している一方で、ペニス感度が良すぎて女性を満足させられない”早漏“に悩む男性もたくさんいます。

早漏だと、挿入前の手コキやフェラだけでイってしまったり、いろんな体位を試す間も無く入れた瞬間にイってしまったり…

オナ禁でせっかく高めた漢気も、チントレで鍛えたデカチンもこれでは全く役に立ちません。

日本人男性の半数以上が早漏の症状に悩まされていると言われており、ある意味では漢の”不治の病”としても認識されがちです。

しかし、実は病院やクリニックに行かずとも早漏は改善できます!

漢気を高めてデカチンを手に入れるだけでなく、最高のセックスを心ゆくまで楽しむために、今回は、誰でもすぐに実践できる早漏の治し方を6つお伝えします。

早漏対策法1.目標挿入時間×2のスローオナニー

SLOWと書かれている地面
Photo credit: twicepix via Visualhunt / CC BY-SA

まずはじめに、セックスや射精に限らず、どんなことでも練習でできていないことを本番でできる人はいません。

オリンピックのメダリストたちは、必ず本番よりも過酷な状況で何度もトレーニングを繰り返してきているため、異常なまでの緊張状態にあっても結果を出すことができています。

セックスが我々漢にとってのオリンピックだとすると、オナニーはそのための練習に当たります。

もしあなたがオナニー(練習)を5分や10分程度でサクッと済ましてしまっているのであれば、本番(セックス)でそれ以上の成果を残すことはできないのです。

練習では本番よりもずっと長く我慢し、そこで初めて本番で戦っていくためのスタミナがついて行きます。

スローオナニーの掟

早漏改善用オナニーでは、目標とするセックスでのペニス挿入時間の少なくとも2倍以上をかけ、じっくりと行っていく必要があります。

例えばあなたのセックスでの目標挿入時間が15分であれば、最低でも30分間オナニーに時間をかけて行いましょう。

いきなり30分も我慢するのは厳しいという方は、最初は15分くらいの短い時間から始めても大丈夫です。

繰り返していくとスタミナがついて慣れてくるので、徐々に時間を延ばしていきましょう。

勃起したところから時計を回す

早漏改善のスローオナニーは、ペニスが勃起した状態で行わなくてはペニスのスタミナがつかないため、勃起したところから時間の計測を開始してください。

時間を測る前にパソコン上でAVなどをセッティングしておき、元気よく勃起させてから始めましょう。

「フル勃起状態で触るとすぐイってしまう」という場合は、少しおさまるのを待ってから再び刺激を与えてフル勃起まで持っていく、というのを繰り返しましょう。

すぐにイきたくなってしまっても、本番で結果を残すためにはグッとこらることが肝心です。

興奮状態を保ち続ける

目標時間前に射精してしまってはいけませんが、早漏対策スローオナニーのポイントの一つは、外的刺激に敏感な興奮状態のペニスをキープすることです。

射精しないように気をつけながら、AVなどのオカズ+手の刺激を適度に与え、目標挿入時間×2の間、強い興奮状態を保つよう努力します。

数十分間射精なしにペニスをしごき続けることは困難だと思いますが、ペニスがふにゃふにゃの状態では早漏克服に必要な性的刺激を受けることができません。

より高い早漏改善効果を得るために、できる限り強い勃起と興奮状態を維持しましょう。

早漏対策法2.射精寸止め訓練

STOPと書かれた地面

スローオナニーと同様に早漏対策に有効なのが、オナニーの最中の射精寸止め訓練です。

長い間勃起&興奮状態をキープさせるスローオナニーですが、イくギリギリのところでペニスへの刺激をストップさせるという”寸止め訓練”を織り交ぜることで、より効果的に早漏を改善することが可能です。

「寸止めができないから早漏なんだよ!」という声も聞こえてきますが、まずは何度も試しながら、射精せずに済むギリギリのラインを知ることから始めてみてください。

射精するラインがつかめてきたら、ギリギリでペニスへの刺激をストップさせ、少しおさまったらところでまたペニス刺激を与えるということを繰り返しましょう。

一番気持ち良い状態にペニスと脳が慣れていく

早漏の原因の一つに、ペニスが気持ちの良い刺激に慣れていないということが挙げられます。

普通にペニスをしごくのも気持ちの良いものですが、射精前では、”イく直前”が最も快感が強いです。そのため、射精寸止め訓練をすることで、敏感なペニスを強い快感に慣らすことができ、早漏改善が期待できます。

脇をくすぐらるのが嫌な人も多いと思いますが、あの気持ち悪い感覚も、毎日くすぐられ続けていると次第に慣れていき、何も感じなくなっていきます。

それと同じ原理で早漏を改善していけるのが、この射精寸止め訓練です。

早漏対策法3.いろんな箇所を刺激するマルチオナニー

遠くの夕焼けを見て何かを想像している男性

スローオナニーや射精寸止め訓練をやってもなかなか早漏が改善されないという場合は、オナニーの際のペニスへの刺激の偏りが原因である可能性があります。

例えば、オナニーで常にカリ部分を乾いた手で刺激している人は、オナニーでの刺激とセックスでの刺激が大きく異なるため、「オナニーだったら我慢できるのにセックスになるとすぐにイってしまう」というセックス早漏になってしまいかねません。

セックスを想定したオナニー

フェラチオや、セックス中にペニスが膣内で受ける刺激は、自分の手で行う手コキの刺激と大きく異なります。

常にペニスの同じ部分にしか刺激を与えていないと、それ以外の刺激を受けた時に非常に敏感になってしまう可能性があります。

オナニーでもセックスを想定し、例えばローションを使ってオナニーしたり、ペニスの根元まで刺激してあげたりして、普段のオナニーで見落としてしまいがちなペニスの性感帯を見つけましょう。

触る部位だけでなく、しごくスピードやしごき方も同様に、様々なパターンを試していけば、より包括的な早漏改善が期待できます。

オナホールで膣内の快感に慣らす

「ペニスを膣に挿入するとすぐイってしまう」という人には、オナホールでペニスを訓練させるのも有効です。

ペニスは膣内では、手でしごくのとは全く異なる刺激を受けるため、いくらスローオナニーや寸止め訓練でスタミナをつけても、セックスでは少し競技の異なる土俵に上がるような状態になります。

最近のオナホールは本物の膣に限りなく近い形状と質感をしているため、膣内刺激をオナニーでも疑似体験することができ、早漏対策にかなりの効果が期待できます。

最も本物の膣に近いと言われるオナホールといえば、やはりTENGAですね。

→ TENGA公式サイト

早漏対策法4.剥いてイジるを繰り返すペニタッチ

皮を剥いたバナナ

先ほども触れましたが、早漏の原因の一つが、セックス以外におけるペニスへの刺激不足です。

日本人男性の包茎率は約70%とも言われており、早漏は特に包茎の人に多いと言われています。

包茎ペニスは普段外的刺激から守られている状態であるため、いざセックスとなった際に亀頭が受ける刺激が強すぎ(気持ちよすぎ)てしまうのです。

普段から、触ってあげる

勃起の有無に関わらず、普段からペニスに外的刺激を与えてあげることは、早漏対策に欠かせない習慣の一つです。

おしっこついでにペニスを剥いて刺激してあげたり、気づいた時にパンツに手を突っ込んで皮を剥いてあげたりして、ペニスがなるべく多くの外的刺激を受けるライフスタイルにしましょう。

非勃起状態であっても、刺激を与え続けることでペニスが強化され、セックスで快感と感じる刺激のハードルが上がっていきます。

チントレで早漏改善ついでにペニス増大

ペニスが剥けた状態を作り出すことによって、ペニスが刺激に強くなるだけでなく、皮から圧迫されなくなることで亀頭部分のペニス増大が期待できます。

また、ペニス増大も一緒に目指したいという人は、ペニスを刺激に慣れさせて早漏を改善させながらペニス増大ができる、一石二鳥チントレがオススメです。

早漏改善ついでに巨チンも手にはいる、いとこづくしのチントレの詳細は以下をチェック。

→ チントレの全て

早漏対策法5.裏の早漏治療クリニック(風俗)を活用

ヒールを履いている綺麗な女性の脚

早漏治療を行ってくれるクリニックは全国に多数存在しますが、風俗などの抜きサービス(通称、裏クリニック)もおすすめです。

早漏改善は基本的に、”性刺激と性的快感に対するペニスと脳の慣れ”によってもたらされるため、生身の若い女性にあれこれしてもらうことは、本番のセックスでの刺激に慣れるためには非常に効果的です。

早漏改善の治療費と思えば高くない風俗代

早漏だと、「何万円も払ってすぐ終わってしまうなんてもったいない」と思って、風俗などの抜きサービスを敬遠しがちになっているかもしれませんが、早漏克服のための治療費と思えば決して高くない金額だと思います。

もちろん、真面目にちゃんとしたクリニックに行って治療をするのもありだと思いますが、男性医師にあれこれしてもらうよりは、若いチャンネーの方がいいですよね。

早漏対策法6.厚手のコンドームを常備する

早漏対策に良さそうな黒いコンドーム
Photo credit: .v1ctor Casale. via VisualHunt / CC BY

本質的に早漏体質が改善されるわけではありませんが、最も手っ取り早い早漏対策は厚手のコンドームを使うことです。

近年はどのコンドームメーカーも、どれだけ生の感覚に近づけることができるかに焦点を当てて薄さを追求していますが、早漏にとっては感度が上がるなんていい迷惑ですよね。

現時点で最も薄いものは、ポリウレタン製のコンドームでその薄さなんと0.01mm。早漏の敵です。

厚さ10倍の早漏用コンドーム

最も市場に多く出回っているコンドームは厚さ0.03mmのものですが、それでも早くイってしまうという早漏男性にオススメのコンドームがあります。

それは、あの有名なゴム会社、オカモトが製造する、厚さ0.1mm(0.01mmではありません!)のコンドーム、その名も”ゴクアツ“です。

アマゾンでの口コミからも、早漏漢にとって必需品であることが伺えます。

他の厚いものと比較してませんが、いつも2~3分なのにこれを使うと軽く10分以上に。
引用元:www.amazon.co.jp

20秒だったのが3分くらいになりました。
自分としてはもう少し厚みが欲しかったです。
元々が1〜2分くらいの人には丁度良いのではないでしょうか。
引用元:www.amazon.co.jp

私はこの商品のおかげで5分ほど長くプレイ出来るようになりました。
ありがとうございます。
引用元:www.amazon.co.jp

いざという時のために常に財布に入れておく

ラブホテルなどにおいてあるコンドームは大体0.03mmのものです。

いつどこでセックスチャンスが巡ってくるかわからないこのご時世ですので、いつでも対応できるよう、常に1、2枚、ゴクアツを財布に忍ばせて起きましょう。

まとめ

いかがでしたでしょう?

多くの漢の悩みである早漏。改善するには時間をかけて努力していく必要がありますが、

ペニスと脳が性的刺激になれることで、早漏は改善できる

ということはお分かりいただけたかと思います。

早漏対策と合わせて漢気ネットで漢を高め、チントレとサプリでペニスを増大させ、女性を満足させられる自信漲る漢になりましょう。

早漏対策は難しくない!病院やクリニック治療なしで治す方法6選

シェアしづらさを乗り越えての漢!