「やっと持ち帰れたのに肝心のペニスが勃たない…」
「いいところなのにまた中折れ…」

そんな経験のある方も少なくないでしょう。未だそんな危機に直面したことのない方でも、自分のペニスを過信するのは禁物です。

歳をとるごとに勃起不全(ED)に陥る確率は高まる上に、例え健康状態に何ら問題がなかったとしても、セックス直前の食事や飲酒、その時の精神状態によって、勃起不全はどんな漢にも襲いかかってくる可能性があります。

そんな時、己の保身のために「君の魅力がないから」「全然気持ち良くない」なんて言葉を吐いて女性を傷つける男性は、はっきり言って漢気ゼロ。

かと言って、「ちょっと疲れたから休憩」なんて言うのも漢らしくありません。

女性を傷つけることなく、自分のプライドも守りながら言い訳できるのが漢気ある漢

今回は、セックス中に中折れしたり、EDが発動してしまっても、カッコよくそのピンチを切り抜けることができる「勃たない言い訳」を5つ伝授します。

言い訳1:「ちょっと酒で中枢神経バグってるっぽい。」

グラスに入ったウイスキーのような色のお酒

お酒を飲むと勃ちが悪くなるということは周知のこと。

ただ、女の子を持ち帰るためには酔わせたいし、誘うにもお酒の力を借りたい…。そんなこんなでついつい飲み過ぎてしまい、せっかくホテルに連れて行けたのに勃起せず。

そんな時に便利な言い訳が、

「ちょっと酒で中枢神経バグってるっぽい。」

です。

まずはアルコールによる勃起不全のメカニズムを理解

ペニスの勃起というのは、中枢神経にある勃起中枢が発する信号によって引き起こされるのですが、過度に飲酒をするとアルコールによってその中枢神経が麻痺してしまいます。

そうなると、どんなにエロく美しい女体を目の前にしても、中枢神経が正常に働いていないので勃起が引き起こされません。

「飲み過ぎた」は弱さを見せるNGワード

飲み過ぎで勃起不全となるのは事実ですが、 「飲み過ぎた」という言葉は、漢気ネットユーザーにしては漢気に欠けたフレーズです。

飲むと勃ちが悪くなるなんてことは女性ですら知っていますし、もうそんな言い訳は聞き飽きている可能性があります。

さらに「飲み過ぎた」という言葉は、「自分で飲む量をコントロールできなかった」という自らの弱さを露呈する言葉です。

そんな言葉では女性をがっかりさせてしまうだけです。

勃起不全を逆手に博識を披露する

そこで、弱さを見せるNGワードである「飲み過ぎた」という言葉を使わない上に、勃たないことを女性のせいにもしない完璧な言い訳が、この「ちょっと酒で中枢神経バグってるっぽい」なのです。

さらに、”中枢神経”という生物学用語を使うことによって、前述した人体のメカニズムを理解している博識ある人だという印象を女性に与えることができます。

首を傾げながら言うことで「納得いっていない感」も演出でき、科学のメカニズムに責任転嫁できます。

言い訳2:「胃とペニスが血液の取り合いしてんだけど。」

アジア料理を食べている女性

勃起不全や中折れなどの症状には、直前の食事が関わっていることもよくあります。

勃起というのは簡単に言うと、ペニス海綿体へ血液が流れ込む”充血”であるため、ペニス海綿体に流す血液が不足していると勃起不全やフニャチンに陥る場合があります。

そして、一時的にペニスへの充血を妨げることの一つに、食べ物の”消化活動”があります。

食後は消化のために胃に血液が集中する

我々の体は常に、必要に応じて血液を集中させる部位を変化させています。

例えば、筋トレで負荷をかけた部位がしばらくパンパンになると思いますが、それは急に筋肉がついたのではなく、筋肉をサポートするために体が一時的に筋繊維に多くの血液を流しているためです。

同じように、食後は消化をサポートするために胃に血液が集中しているのです。

ペニスと胃の血液争奪戦を言い訳にする漢らしさ

消化や勃起などの充血を必要とする活動が同時に行われようとすると、限られた体内の血液を両方に中途半端に分け与えることになり、その結果、食後の勃起不全になることがあります。

例えそれが本当の理由でなかったとしても、

「胃とペニスが血液の取り合いしてんだけど。」

と言うことで、体のメカニズムを理解している賢い男性だという印象を相手に植え付けることができる上に、「消化活動」という名目で時間稼ぎもできる、なんとも便利なフレーズです。

ここでも、「食べ過ぎた」と言った類の発言は自分の過失や弱さを見せるだけなので避け、あくまで自分でコントロールができない”血流”のせいにすることが大切です。

言い訳3:「今日テストステロン足りてねーな。」

暗闇で煙草に火をつける男性

勃起には、男性ホルモンであるテストステロンが欠かせません。

我々漢は普段ホルモンバランスなんてあまり気にしないかもしれませんが、女性はホルモンバランスに敏感です。

テストステロンという男性ホルモンの固有名詞を出せば、「俺もホルモンのことくらい知ってるよ」というアピールにもなりますし、勃起のメカニズムをしっかりと理解している紳士的印象を与えることもできます。

勃起不全を「今日」に限定させることがポイント

常に勃起不全ではないことをアピールするためにも、必ず「今日」という言葉をつけましょう。

「本日限定でテストステロン分泌量が足りていないのだ」ということを告げることで、逆に「普段はテストステロン分泌量までコントロールして生活しているのね」という好印象を与えることにも繋がります。

EDを逆手に取り、間接的に”普段はEDじゃない”宣言ができる美しい言い訳が、この

「今日テストステロン足りてねーな。」

なのです。

横文字でモテ勃起不全男

テストステロンをカタカナ読みするのもいいですが、外人風に発音してみるのもありです。

テストステロンは英語でTestosteroneと書き、本場の発音は「テストースティロン」となります。”トー”にアクセントを置きます。

横文字を並べ、さらにそれっぽい発音をすることで、勃起不全の言い訳であるはずの言葉で、「海外に住んでたのかな?カッコいい」という勘違いを誘うことも可能です。

テストステロンはポジティブワード

勃起不全とかEDという言葉を使うとネガティブに聞こえてしまいますが、「テストステロン分泌量不足」という言葉にはそれほど強いネガティブな印象がありません。

もちろん相手女性に非を負わせるような言葉でもないため、これもじゃんじゃん使えるモテ漢の勃たない時の言い訳です。

言い訳4:「ちょっと魅力的過ぎてSPA(エス・ピー・エー)。」

こちらを見ているひ弱そうな男性

精神的な理由で一時的に勃起不全になってしまう心因性EDを、英語ではSPA(Sexual Performance Anxiety)と呼びます。

「心因性ED」なんて言葉はカッコ悪いので、せっかくならエス・ピー・エーと呼びましょう。EDにもかかわらず、女性からすると、なんだかあなたがカッコいいことを言っているように聞こえます。

「魅力的すぎて」という言葉が鍵

ただ単に英語を披露するだけでなく、エス・ピー・エーになってしまった理由として”相手女性が魅力的だ”と伝えることで漢気アップにもつながります。

「緊張しちゃって…」とか「心配で…」なんて言葉は全く漢らしくないので、例え本心がそうだったとしても避けましょう。

女性が好きな”スパ”で好感度アップ

心因性EDを指すエス・ピー・エーですが、SPAは女性の大好きなスパとも読むことができるため、スパ好き女性の心をグッと掴むこともできるかも知れません。

また、「SPAってなんだと思う?」という合コンチックな質問タイムにも持っていけるので、

「ちょっと魅力的過ぎてSPA(エス・ピー・エー)」

もED男児にとっては使いどころ満載の言い訳です。

言い訳5:「手が冷たい人は心が温かいって言うじゃん?僕は君が美しすぎてフニャチンになっちゃった。」

金髪のびしっと髪型を決めた白人の若い男性

よく「手が冷たいね」と言われた時の返しとして、「僕の心が温かいからさ」というかっこいい言葉がありますが、この返答テクニックを勃起不全に当てはめることもできます。

それが、

「手が冷たい人は心が温かいって言うじゃん?僕は君が美しすぎてフニャチンになっちゃった。」

です。

相手を混乱させて落とすテクニック

全く持って論理的でない文章ですが、あえて解読困難な文章にすることで、「君が美しすぎて」というフレーズが引き立ちます。

この言葉をかけられた瞬間女性は混乱しますが、「君が美しすぎて」という言葉だけはしっかりと伝わるので、勃起不全についてのカミングアウトにすら気づかれることなく、ただ単に「褒めてもらった」という感情だけが残ります。

勃起不全を逆手にとって女性を喜ばせることができる、勃たなかった時にとっても便利な言い訳です。

まとめ

いかがでしたでしょう?

EDを防ぐにはオナ禁でテストステロンレベルを上げたり、サプリメントで精力増大を図ることが欠かせませんが、それでも体調や精神状態によっては勃起不全に陥る可能性は十分に考えられます。

そんな時に「ごめん…」と弱さを見せたり、「全然気持ち良くない」なんて女性を責めたりするのは漢として禁物です。

今回紹介した5つのフレーズを臨機応変に使い分け、勃たなかった際の気まずさを回避し、上手に時間稼ぎをしていきましょう。

そして悔しさは自分の胸にしまい、チントレオナ禁のモチベーションへと昇華させてしまいましょう。

EDも中折れも怖くない!勃たない時の漢らしい言い訳フレーズ5選

シェアしづらさを乗り越えての漢!