「最近恋愛してないなぁ」「彼女欲しいなぁ」人肌恋しいこの季節、独り身が妙に寂しく感じることってありますよね。

恋愛したいなぁと思っても、大人の恋愛は出会い方が難しいことは以前「出会いがない!女性が提唱する、社会人男性が恋愛を始める方法」でも書きました。

出会いのきっかけが少ないことに加えて、大人特有の問題として、恋愛したい男性と結婚したい女性との温度差が難点になることもあります。

婚活女子が増えている今、今回は全女性を敵に回しそうな「恋愛より結婚を優先するちょっと怖い婚活女性の実情」をどうぞ。

恋愛と結婚は別!

ドレスを着た花嫁と綺麗に装飾された手鏡

恋愛結婚とお見合い結婚。どちらが理想ですか?

さすがにお見合いのテンプレのようなスタイルは少なくなっているでしょう。
けれども、もっとライトな婚活は意外と身近にありますよね?

恋愛してうまく続くようなら結婚も考える。というのが一般的な恋愛結婚だと思いますが、最近は出会いから結婚を意識していることもありますね。

恋愛結婚が絶対数を占めそうなイメージがありますが、意外なことに恋愛と結婚は別。と考える女性は案外多いんです。

必死な婚活女子は恋愛に不向き

私もまごうことなき女性ではありますが、同性から反感を覚悟でいうならば「婚活に必死になっている適齢期の女性は恋愛には向かない」です。

早婚と晩婚の二極化が目立ちますが、女性の多くは30歳までには結婚して子どもを生みたい。と考えていることが多いんです。

アラサーというと30歳前後の印象がありますよね?

けれども、25歳をすぎるとアラサーという認識が定着しつつあって「もうアラサーだから」と婚活を始める人も少なくないんです。

結婚すれば安定した生活が保証…?

結構昔風の考え方のような気がしますが、未だに「結婚すれば安定した生活が保証される」「結婚すれば安心」と思っている女性が多いのも事実。

一人で老後を迎えるよりは確かに安心でしょうけれども、結婚すれば安定した生活ができる。と思い込むのは、男性に負担が大きすぎますよね?

「キャリア」が、独り立ちした女性のステイタス。という考え方の時代もありましたが、一周回って結婚が女性のステイタス。に戻ってきつつある傾向があることは確かです。

「理想の恋愛」と「理想の結婚」は違う

いくらなんでも恋愛をまったく経験せずに、お見合い結婚するのがベスト。なんて女性はほとんどいませんが、理想の恋愛と理想の結婚は別物と考えていることは多いです。

いやいや、でも「女の理想の恋愛は少女漫画」だって言ってたじゃないか!という男性の皆様、それはあくまで「理想の恋愛」です。

「理想の結婚」となったら女は急に現実的。
びっくりするほどシビアな考え方に、あっさりシフトできちゃうんですね。

良い結婚 ≠ いい恋愛

男性でも婚活をされる方はもちろんいらっしゃいますが、恋愛から結婚へ。という流れが理想。という方がほとんどでは?

彼女ができて、付き合っているうちに自然と結婚を意識するようになって、めでたくゴールイン。コレが理想というか自然。

ところが、女性の中にはちゃんと彼氏がいて幸せな恋愛の真っ最中でも、結婚相手は別にいると考えている人もいます。

良い結婚といい恋愛はイコールじゃない。というなんとも冷めた意見もあるんですよね。

恋愛は一瞬、結婚は一生

もちろん恋愛結婚が理想という女性も多くいますが、女性誌や女性向け恋愛情報なんかでは「恋愛と結婚は別に考えるべき」という方向性のものも少なくありません。

人生において「恋愛は一瞬だけれども結婚は一生続くもの。それを考慮して相手を選びましょう」という考え方が定着しつつあるんです。

特にアラサー女性をターゲットにしたものは、婚活を推奨するもので溢れているんですよ。
男性にとっては、そろそろ怖い雰囲気が漂ってきましたよね?

女は賞味期限付き

ウェディングドレスを着てブーケを持っている女性

アラサーが25歳からだとすると、社会人になって3年。長くても6年で結婚を意識する女性が少なくないわけですよ。

やっと仕事も遊びもそこそこバランスが取れてきた頃だというのに、なんでそんなに焦って婚活しようとするわけ?と思いますよね。

むしろ色んなことを自由に楽しめる余裕が出てくる、一番面白い年代だというのに。

確かにそうなんですが、女には賞味期限というものが存在してるんです。
男性よりも明らかに短いことは明白なので「美味しいうちに食べてね」とアピールするってわけですね。

「恋愛より結婚優先!」は将来設計

婚活スタートの年齢が繰り上がっているのには原因があります。

30歳をすぎると急激に妊娠しにくくなる。ということが知られ始めてから、子どもを望む女性の婚活年齢が早くなりました。

若いうちに子どもを生むことが、自分にとっても子どもにとってもリスクが少ない。ということはもはや女性の一般常識。

のんびり恋愛しているよりも早く結婚を!と考えるのは重要な将来設計のひとつということなんです。

やっぱり狙いは安泰なハイスペック漢

じゃぁ結婚を焦るのは子どものためだけ?と思いきや、そうではありません。

いい結婚には将来性のある旦那様が必要不可欠。
結婚するなら優雅な生活が送れそうなハイスペックな男性。

何故なら女性社会はカースト制。
いい結婚をしていい旦那さんのいる女性の方が位が高い。という恐ろしき不文律が生き残ってるんですよ。

大奥か!って突っ込みたくなりますけど、コレはホントの話。

「理想の結婚相手」の条件が結構怖い

婚活女子は、ながーく続く結婚生活を基準に男性を見ているので、相手も「恋愛するならこんな人」という理想とは変わってきます。

一緒に生活していく上で、価値観の合わないことが出てきたら面倒この上ない。
結婚は、人生の2/3近くの生活を共にする相手なので、なんといっても条件重視。

条件の項目の多さも相当なものですが、条件に合わなければ相手を切り捨てる非情さも。

そのためには、選り好みできるだけの若さという武器が必要なんですよね。

3高男理想論は昔の話じゃない

歳がバレそうですが、昔「3高男」が理想ということがありましたね。

  • 高学歴
  • 高収入
  • 高身長

この条件もずいぶん高飛車だなぁと思いますが、現在の条件はもっと細かい!

あくまで一例ですが結婚相手に求める条件を挙げてみましょう。

  • 収入が安定していること
  • 物やお金の価値観が合うこと
  • 仕事が好き・仕事ができること
  • 将来設計がきちんとしていること
  • 人に対して優しいこと
  • 義両親と同居しないで済むこと
  • 趣味や友人よりも家庭を優先してくれること
  • 外見もタイプであること

一例です。一部です。多分際限なく挙がってくるくらいキリがないです。

「3高」理想論は進化して、男性にとってはドン引きするようなことになってますよね?

結婚優先な女を見分ける方法

仮装をしてプリクラを撮る外国人女性二人組

男性も、恋愛よりも堅実な結婚を優先したいのであれば問題はないですが、いずれ結婚はしたいと思うけど、恋愛が先だなぁ。という場合は婚活女子は避けておいた方が無難。

自然な恋愛を楽しみたいのに、事ある毎に結婚をせっつかれてはたまったものじゃないでしょ?

それならば「恋愛より結婚が優先!」という女性を見抜く方法を模索してみましょう。

女性が持つ真実の姿と、男性ウケ仕様の顔

女性もあれだけ細かい条件を上げているわけですから、男性側の条件に心がけなければならないのは百も承知です。

そのために、真実の姿を隠して漢ウケを重視した、対男性仕様の顔を持っていることが多いです。

漢ウケが良くなさそうな物や趣味は上手く隠して、見えないところでこっそり楽しむ。なんてことがあるんですねー。

この世は「漢ウケ」を狙うハウツーに溢れてる

婚活世代向けの女性誌や情報サイトを見ると「漢ウケ」に特化したハウツーがわんさか紹介されています。

髪型や髪色・化粧・服装・仕草や喋り方に至るまで、そりゃぁもう事細かに。

男性の好みとして「ナチュラルで女性らしいほのかな色気もある可愛い人」ってテッパンじゃないですか?

王道の漢ウケを狙うためなら、ハウツーに従って、大好きなギラギラのネイルや盛りまくったメイク、露出の高い服装も男性の前だけでは封印。なんてことを厭わない女性も多い!

「理想のお嫁さん像」はもはや都市伝説

上手く婚活に必死な姿を隠して近づかれたら、ちょっと見抜けないかも。と思われてる男性諸氏にちょっとしたコツを伝授。

結婚優先の女性は、ハウツーを鵜呑みにしすぎて漢ウケを狙いすぎていたり、家庭的アピールがすぎる傾向もあります。

「理想のお嫁さん」と言われる女性は「理想のお嫁さん像を装っている女性」の可能性大。
今は恋愛をしたいんだ。という方は漢ウケしなさそうな好みや趣味を隠してない女性が安全かもしれません。

結婚を意識した出会いの場は注意

テーブルの上に置かれたワイングラス

大人の出会いの場は限られてきますが、やっぱり結婚を意識した場所での出会いは婚活女子に当たる危険性が高いですね。

婚活パーティーは言わずもがなですが、年齢とともに出席することの多くなる結婚式の二次会は「次は自分」と思っている女性が多いです。

意外と盲点なのが「友人の嫁の友達」。

女性側からすると、女友達の旦那さんの友達なら、ある程度の情報は入ってくるので安心してアプローチできるというわけです。

「彼女いないなら嫁の友達を紹介するよ」なんて言われたら、丁重にお断りする方が後々気まずくならないかも。

「隠れ婚活女子」に要注意!

婚活世代は25歳以上のアラサー。と書いてきましたが、年齢だけでは判断できないこともあります。

既に婚活に必死な年齢を過ぎて、落ち着いたと思われるアラフォー・オーバー40でも、隠れ婚活女子(子というのも憚られますな)はいます。

思いっきり「婚活してます!」と分かる人もいますが、あんまり狙いすぎると引かれることを学んでいることが多いので、密かに爪を研いでいるなんてこともなくはない。

婚活から始まる恋愛はある?

パーティーの席でシャンパンで乾杯をする男女

婚活女子は恋愛に向かない。と婚活を敵に回すようなことをさんざん言ってきましたが、別に婚活や婚活女子を否定するわけじゃありませんよ?

むしろ私自身、そういう時期を通り過ぎてきてますから。

超個人的ですが「婚活から始まる恋愛だってあるんじゃないの?」と思った事がありましたので、婚活からの出会いについての考察。

恋愛期間を持てるなら婚活スタートもアリ

結果論からいえば、恋愛期間を持てるだけの余裕があるのであれば、婚活から始まる恋愛もありです。

条件重視でもなんでも、出会って意気投合して、ごく普通におつきあいをしてから結婚を考えるカップルもいますしね。

ただ、結婚を前提におつき合いを。と考えている相手なら、恋愛をショートカットする覚悟は必要ですね。

「家庭内恋愛」は結構難しい現実

仮に結婚を優先したとして、結婚してから恋愛することは不可能なわけ?と思わなくもありません。

いわば家庭内恋愛ですが、新婚のラブラブな期間は恋愛期間とそう変わらないイメージもありますよね。

ですが、思い出して欲しいのが、女性が結婚を焦る理由です。
そう、子どもを早く生みたいっていう女性にとっては重要なこと。

そうすると、生活優先・子ども優先・旦那は二の次三の次ということに…。
現実にはなかなか難しいかもしれませんね。

経験者は語る「情はあるけど愛は…」

適齢期にお見合いで結婚して、幸せな家庭を築いてきた方ももちろんいらっしゃいます。今でいう婚活で結婚したご夫婦ですが、果たして恋愛と結婚は別なのか、経験者の談をひとつ。

情はあるけど愛はどうかな…」だそうです。

恋人としての恋愛を経験せず夫婦になってしまっても、家族としての情は自然と湧くそう。

けれどあくまで家族愛。恋愛とはちょっと違う。という結論に達しそう。

まとめ

結婚を視野に入れない。結婚はまだ先。と考えているのであれば、婚活女子との恋愛は避けておくべきでしょう。

恋愛を楽しみたい男性と、結婚を目標に据えている女性との間には埋まらない溝がありそうです。

つきあっているうちに自然と寄り添っていくこともあるかもしれませんが、お互いの貴重な時間をムダにしないためにも、相手が何を求めているかを最初に確認しておくのも大切ですね。

(参考サイト)

結婚と恋愛は別!女性が急ぐシビアな理由と、婚活女子の見分け方