たくさんのメリットがあると今話題のオナ禁(一定期間オナニーを禁止する行為)。

オナ禁のメリットは主に、

  • ニキビがなくなる&肌がキレイになる
  • 漢らしい顔つき&体つきになる
  • 女からモテる
  • 薄毛、抜け毛が防げる

と言われていますが、主な原因はオナ禁によって男性ホルモンであるテストステロンの分泌が増大することにあります。

さらに、オナニーの為に割いていた時間で自己研鑽に打ち込むことができるため、

  • 漢としての自信が漲る
  • 女性をより引きつける
  • 内から湧き出る自信と魅力が成功を引きつける

ということも、オナ禁のメリットとしてよく語られます。

現代において「できる漢はみんなやっている」と言っても過言ではないオナ禁ですが、今回は「オナ禁と肌荒れ」にフォーカスし、オナ禁でなぜ肌質が改善されるのかを紐解いていきたいと思います。

肌質改善 = オナ禁が上手く行っている は間違い!

肌質改善 = オナ禁が上手く行っている は間違い!
Photo credit: bark via VisualHunt / CC BY

正しく実施することでテストステロン分泌を上昇させることができるオナ禁ですが、実は誤ったオナ禁でも「肌荒れが治った」「ニキビがなくなった」などの効果は出ます。

ネット上では「禁欲〇ヶ月で肌がすべすべに!」なんて言ってオナ禁を勧めるオナ禁ニストもいますが、長期間続けて射精をしないオナ禁による肌荒れ改善は、実は”体内で漢の魅力がそぎ落とされている”ことが原因なのです。

漢としての機能が弱体化する場合も…

長期間のオナ禁はペニスサイズの縮小や性欲の減退、精子量の低下などが同時に進行する可能性があるため、ニキビがなくなることや肌荒れ改善を漢の魅力増大(オナ禁成功)のバロメーターとして捉えるのは漢として非常に危険です。

そうした事態を避けるためにも、男性ニキビができる理由と肌質改善の真のメカニズムをここでしっかりと理解し、漢の魅力を最大限に引き出すことができる8日スパンオナ禁(漢気ネット提唱)を実施していきましょう。

オナ禁のメリットはコツはこちらに書きました。

オナ禁によってニキビや肌荒れが改善される理由

アスファルトにスプレーで書かれた「Why」の文字
Photo credit: pasa47 via VisualHunt / CC BY

オナ禁を実践した人が言う、

「ニキビが少なくなった」
「肌荒れが改善された」
「肌質が良くなった」

という肌質の変化には以下の2つの理由が考えられます。

  • テストステロン値の上昇により悪性男性ホルモン分泌が抑制された(正しいオナ禁)
  • テストステロン値の低下により女性ホルモンの分泌が促進された(誤ったオナ禁)

外見的には「肌荒れ改善」という同じ結果となりますが、“正しいオナ禁”と”誤ったオナ禁”では体内で起きている変化は真逆です。

正しいオナ禁というのは、7日間射精をせず8日目に射精する(できればオナニーではなくセックスで)という、科学的にも立証されているテストステロン値を最大限に高めるオナ禁術です。

(参考論文:http://www.zju.edu.cn/jzus/2003/0302/030219.pdf

テストステロン分泌を高める正しいオナ禁

8日スパンのオナ禁でテストステロン値を最大まで引き上げることによって、悪性男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌が抑制されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)には皮脂腺を活性化される作用があり、これによって肌が脂っぽくなったり毛穴に脂がたまりやすくなります。DHTの分泌は、男性ニキビの主要原因の一つです。

オナニーをするとDHTが増える?

DHTはオナニーをすることでも分泌されることが確認されており、オナ禁をすればDHTの分泌を抑えることができるため、オナ禁開始後の肌荒れ改善が実感できるのです。

また、漢のモテホルモンであるテストステロンと悪性のジヒドロテストステロン分泌量は実は反比例しているため、オナ禁でテストステロン分泌を促進することでさらにDHT値を抑えることができ、より効果的にニキビや肌荒れを改善・予防することが可能になる、と考えられます。

これがオナ禁で多くの人が肌荒れ改善を実感する理由の一つ目です。

女性ホルモン分泌を高める誤ったオナ禁

オナ禁をはじめて1週間あたりでの肌質改善は、上記の通りテストステロン値の上昇とDHTの低下が原因ですが、それ以降の肌質改善は実は単なる女性化でしかない可能性があります。

オナ禁8日目以降もオナニーをしなければ悪性男性ホルモンであるDHTの分泌は抑えられますが、8日目以降はテストステロンの分泌量も急降下します。

男性ホルモン値が下がることによって女性ホルモンが増えていくのですが、この女性ホルモンには肌質を改善する作用があります。

何ヶ月にも渡るオナ禁を実施している男性が「肌質改善」を実感している理由は、良質な男性ホルモンであるテストステロンの上昇ではなく、女性ホルモン分泌の増加である可能性が高いのです。

ニキビが治るからといって、漢としての魅力を失ってもいいのでしょうか?

誤ったオナ禁がもたらす漢の女性化に注意

椅子に座っているオカマの男性

射精スパンが8日より短くても長くても、テストステロンレベルは下がってしまいます。

「長く禁欲し続ければし続けるほど良い!」という全く医学的根拠のない持論を披露するオナ禁推奨者もいますが、そうしたオナ禁二ストたちが実感している効果の多くは、

  • ニキビがなくなった
  • 肌のハリが良くなった
  • 髪の毛が増えた
  • 寝起きが良くなった

ということがメインで、

  • モテるようになった
  • 体が漢らしくなった
  • 精力が増強できた
  • ペニス増大ができた

といった類の信ぴょう性のある話は実は多くありません。

女性ホルモン分泌の増加による肌質改善

上述したような、肌質改善系のメリットを感じるオナ禁二ストが多いのは、長期間にわたる誤ったオナ禁のせいで体が中性化してしまっていることが理由なのですが、

肌質改善 = オナ禁の効果が出ている

と勘違いしているオナ禁二ストは女性化の事実に気づいておらず、そのままオナ禁を続ければ女性にモテるようになると勘違いしている人も少なくありません。

エストロゲンは漢らしさの天敵?

誤った長期的なオナ禁によってテストステロン分泌は極限まで抑えられ、反比例する形で女性ホルモンのエストロゲンの分泌が促進されます。

エストロゲンはエストロン、エストラジオール、エストリオールの総称ですが、エストロゲン値の上昇によりニキビが消滅したり肌は女性のようにモチモチになったりもします。

エストロゲンは男性の肌質改善のために美容利用されることもありますが、その副作用としてヒゲや体毛が薄くなったり、逆に髪の毛が増えたりということがあります。

漢のフェロモンは失われる…

肌荒れや薄毛の改善はオナ禁の効果として有名ですが、オナ禁期間が連続して8日を越えている場合は、悪性男性ホルモン分泌が抑制されたことではなく、実は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が促進されたことが原因なのです。

こうなってくると、肌質もよくなり髪の毛も生えてきて一見健康そうなのですが、女性が嗅ぎ分けることができる漢としての魅力もどんどん低下している状態で、漢らしい体とは真逆の体質に向かって変化していると言えます。

精力増強やペニス増大なんて以ての外です。

正しいオナ禁で漢らしさを追求

煙を吐いている強そうな男性

漢らしさを手にいれるためのオナ禁なのに、誤ったやり方では漢の魅力をどんどん削ぎ落とし、あなたを女性化(中性化)してしまいかねません。

女性を引きつける男性ホルモンであるテストステロンが著しく不足している状態であるため、いくらお肌がツルツルになったところで女性からモテるわけがないのです。

漢らしい野心やヤル気も湧き出てこず、オナ禁でよく言われる「成功しやすくなる」ということからも程遠い状態に陥ります。

正しいオナ禁をおさらい

もっともテストステロン値を高めるオナ禁方法は、7日間あけて8日目に射精というスパンを繰り返すことです。

男性の体内では、オナ禁6日目あたりからテストステロン値が上昇をはじめ、7日目になるとさらに急上昇します。

テストステロンが最も高まった8日目に射精をすることで、射精後もテストステロンレベルを比較的高く保つことができます。これを繰り返すことによってテストステロンレベルの底上げが可能で、漢の魅力がぐんぐん上昇していくと考えられます。

※素人とのセックスでの射精が最もテストステロン上昇に効果的ですが、やむを得ない場合はプロの手を借りるか自分で処理しても大丈夫です。とにかく8日スパンを守りましょう。

女性ホルモンがなくても肌質の改善は可能

「肌が綺麗=魅力的な漢」という訳ではありませんが、正しいオナ禁では悪性男性ホルモンのDHTの分泌が最小限に抑えることができるので、皮脂の分泌も抑えられ、肌質も改善できます。

8日目以降もオナ禁を続けることで肌質改善や薄毛改善は進んでいくかもしれませんが、肌だけ綺麗でもペニスは小さくなる、勃たない、では本末転倒ですよね。より深刻な問題です…。

オナ禁の目的はあくまで漢らしさの追求です。目的をしっかり意識して、スケジュールどおりに射精しましょう。

テストステロンを上昇させるサプリも活用すべし

スケジュール管理されたサプリメント
Photo credit: stoic via VisualHunt.com / CC BY

8日目の射精によって、オナ禁を続行した場合に起きるテストステロン値の急降下は避けることができますが、それでも射精後にテストステロン値は減少してしまいます。

漢の魅力を最大限に高めるために、テストステロン濃度の減少量を抑え、そこからのリカバリーを素早く強くすることが重要です。

そこで漢にとって必須となる成分が、亜鉛マカ、アルギニン等です。

亜鉛は漢のセックスミネラルとも呼ばれていますが、実は日本人男性のほとんどが亜鉛不足です。

牡蠣などの食材にも含まれてはいますが、毎日目安量を食品から摂取するのは困難ですので、これらを効果的に体に取り入れられるサプリメントをうまく活用しましょう。

必要な成分が全てペニス増大サプリに?

ペニス増大に興味がない人ももしかしたらいるかもしれませんが、テストステロンを極限まで高められるようにデザインされたサプリは、AV男優の沢井亮が愛用するフュージョンEXなどの、ペニス増大系サプリメントです。

中には誇大広告の怪しいものもありますが、上述した“漢気”成分が豊富に含まれているサプリも多数あります。

漢気ネットが信頼できるもののみ厳選してまとめましたので、ランキングもチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は「オナ禁で男性ニキビや肌荒れが改善する、意外と知らない本当の理由」をお届けしました。

漢を高め、ニキビ解消や肌荒れ改善など様々なメリットをもたらしてくれるオナ禁ですが、誤った理解の上でのオナ禁は漢の魅力を下げてしまうだけの危険な行為です。

もし今まで誤ったオナ禁を実践してしまっていたら、サプリメントなどでテストステロンレベルを元に戻すところから始め、中7日の正しいオナ禁止に切り替えて、中性化を食い止めましょう。

 
これからオナ禁を始めるという方も、漢らしさが湧き出るメカニズムをしっかりと理解し、サプリメントも活用しながら正しくオナ禁をしていきましょう。

オナ禁で男性ニキビや肌荒れが改善する、意外と知らない本当の理由

シェアしづらさを乗り越えての漢!