漢気ネットファンの皆様、新年明けましておめでとうございます。

2017年の初セックスがまだという方でも、そろそろ皆さん初ヌキは済んだころではないかと思います。

酉年の2017年は、昨年とは一味違ったおかずや大人のおもちゃで、さらなる快感を開花させる一年にしていきたいところですね。

オナニーには欠かせないAVですが、そんなAVが見放題なアダルトサイトで2016年に最も人気があったのが、

の4サイトです。

そんな中、全世界で910億回のアダルトビデオ再生回数を記録し、日本でも人気が急上昇したPornhubが、2016年の世界AV閲覧データを公開しました

そこで今回は、新年早々にPornhubが公式発表した、2016年データを見ていきましょう。

【参考】
Pornhub Official

3,110PB(ペタバイト)のデータ通信量

暗闇の中でノートパソコンを見つめる黒人男性
2016年の一年間、Pornhub上での動画閲覧に要したデータ通信総量は3,110PB(ペタバイト)でした。

ペタバイトと聞いてもパッとしない人が多いかと思いますが、1PBは約1,000TB(テラバイト)で、最も親しみやすいGB(ギガバイト)で表すと、約1,000,000GB(百万ギガバイト)です。

よって3,110PBは、31億1,000万GBとなります。

16GBのUSBメモリーで、月一周分

31億ギガバイトと聞いてもまだパッとしないと思うので、お手持ちのUSBメモリーで考えてみましょう。

31億GBのデータ量は、普段使っている16GBのUSBのメモリースティックの1億9,400万個分となります。

そのUSBたちを一列に並べると、月の外周(11,000km)を一周して帰ってきます。

230億回のサイトアクセス

ライブで盛り上がる若者たちの集団

2016年、Pornhubには全世界から230億回のアクセスがありました。

一日あたりで計算すると6,400万回で、1分あたりで計算しても4万4,000回になります。

1秒あたり733回のアクセス

あなたが漢気ネットの記事を読んでいるこの瞬間(1秒間)にも、世界中から733回もPornhubにアクセスが来ています。

あなたが必死で仕事をしている最中にも、世界のどこかには常にオナニーをしている漢がうじゃうじゃいるのです。

女性視聴者は全体の約25%

パソコンを見つめる男女
2016年は、女性のユーザーの割合が前年より2%上がり、26%となりました

漢の嗜みとして認識されがちなエロサイトですが、4人に1人は女性が見ているのですね。

日本では19%が女性

全世界では26%となった女性視聴者の割合ですが、日本国内に限定すると19%で、おおよそ5人に1人の割合です。

ちなみにフィリピンが女性の視聴者割合世界トップで、その数は35%となりました。

淫乱女性が多いと推測できるフィリピン。ぜひ一度訪れてみたいですね。

920億回のビデオ再生回数

昨年一年間における、Pornhub上でのAV再生回数は、910億回でした。

地球上の人類全員がPornhubでAVを閲覧したと仮定しても、一人あたり年間12.5本視聴したという計算になります。

兆単位の再生回数

Pornhub上に限られた数字なので、xvideosやFC2での再生回数を含めれば、兆単位の数となるかもしれません。

まさにバケモノ産業。誰も性欲には勝てないということですね。

トータル46億時間のAV視聴

clock-1274699_640

2016年の一年間で、Pornhub上でアダルトビデオは合計46億時間再生されました。

あなたはそのうちの何時間分に貢献したでしょうか?

オナニーに費やされた52万年

46億時間というのは、一人の人生で考えると約52万年分になります

また、一人100年生きたとすると、46億時間というのは5,200人分の人生に相当します

そんなにも莫大な時間がオナニーに、しかもPornhubだけに費やされていることには驚きですね。

オナニストは世界を救える!?

世界中のみんながオナニーに割いているこの46億時間をうまいこと使えば、国一つくらい簡単に救えそうですね。

国は救えなくとも、シゴく手の動きを利用して、発電できる装置なんかがあってもいいかもしれませんね。

発明家の皆さん、よろしくお願いします。

日本急上昇!2016年国別アクセスランキング

スマートフォンで見るエロビデオ

次に、Pornhubへの国別アクセスを見てみましょう。

Pornhub発祥の地であるアメリカ合衆国がもちろんダントツトップで、なんとサイト訪問全体の約40%をアメリカが占めています

日本は前年比7位アップの5位

Pornhubは英語圏の国の漢から絶大な支持を得ており、アメリカに次いで2位はイギリス、3位がカナダとなっています。

これまでは多言語対応していなかったPornhubですが、2016年から日本語対応もするようになり、それを機に日本からのアクセスも上昇しています

2015年には12位だったものの、日本語対応化により2016年にはインドに次いで5位となりました。ちなみに6位はフランスです。

不完全な翻訳だが今後に期待

カテゴリーなどに関しては日本語への翻訳が完了していますが、動画タイトルは未だにほとんど英語です。

サムネイルだけでも好みのAVかどうかを判断できますが、これからのさらなるローカライズ機能拡張に期待しましょう。

世界トップの検索キーワードは”レズビアン”

レズビアン女性の人形
世界最大級のアダルトビデオサイトの一つ、Pornhubでは、どんなジャンルのビデオがよく視聴されているのでしょうか?

まずは世界全体でのサイト内検索キーワードランキング、トップ10をみてみましょう。

男女ともに楽しめる”レズ”が不動の人気

以下が上位10の検索キーワードでしたが、男女問わずおかずにできるレズビアンが最も多く検索されました。

日本語の”変態”という単語も3ランク上昇し、8位にランクインしています。

  1. レズ(lesbian):不動の1位
  2. 義母(step mom):1ランクup
  3. 熟女(MILF):2ランクup
  4. 10代(teen):2ランクdown
  5. 義姉(step sister):2ランクup
  6. お母さん(mom):変動なし
  7. アニメ(cartoon):3ランクdown
  8. 変態(hentai):3ランクup
  9. マッサージ(massage):変動なし
  10. 日本人(japanese):4ランクup

日本国内トップのキーワードは”日本人”

次に、日本国内だけの検索キーワードランキングを見てみましょう。

  1. 日本人(japanese):不動のダントツ1位
  2. 日本人 10代(japanese teen):2ランクup
  3. 日本人 素人(japanese amateur):17ランクup
  4. 日本人 妻(japanese wife):2ランクdown
  5. 日本(japan):2ランクdown
  6. 日本人 マッサージ(japanese massage):2ランクup
  7. 日本人 女子高生(japanese school girl):2ランクdown
  8. 変態(hentai):1ランクdown
  9. MMD(mmd):67ランクup
  10. 日本人 男子(japanese boy):21ランクup

アメリカ発のエロサイトなだけあって、上位キーワード全てにわざわざ”日本人”という言葉が入っています。

日本語対応と並行して日本人AVのバリエーションも豊富になってきており、素人モノなどの大幅ランクアップがありました。

また、3Dアニメーションで描かれた女体が踊る、MMDというジャンルのアダルト動画も豊富に掲載されるようになり、前年から67位アップで、9位にランクインしました。

日本国内でのNo.1AV女優は上原亜衣

次に、Pornhub内でのAV女優検索ランキングをご紹介していきます。

アメリカでは、1位にキム・カーダシアン(AV女優ではありませんが)、2位にミア・カリファ、3位にリサ・アンが入りましたが、名前を聞いてもいまいちパッとしないと思いますので、日本国内でのランキングを見ていきましょう。

1位:上原亜衣

1位は、惜しまれながらも引退となった上原亜衣さんです。

2位:波多野結衣

2016年、検索2位は波多野結衣さん。

3位:麻美ゆま

3位は鉄板、麻美ゆまさんがランクイン。

まとめ

いかがでしたか?

日本ではまだ試したことのない人も多いアメリカ発のPornhubですが、漢気ネット一押しの、2017年最も伸びるであろうエロサイトです。

HD動画が多いのも特徴ですが、全体的なユーザー・エクスペリエンスの非常に高いウェブサイトです。

ランキングも豊富で、オススメ動画選定のアルゴリズムも良く、動画更新も頻繁ですので、2017年は年間を通して良いパートナーとなってくれること間違いなしです。

チントレのお供としても、是非活用してみてください。