お互いの欲望のままに求め合い、過度な詮索や干渉をせず、都合の良い関係。

男なら誰でも、「セフレが欲しい」と思ったことはあるのではないでしょうか?

ハードルが高い二次元の世界の話に感じてしまう方もいるかもしれませんが、コツを掴めばセフレを作るのは難しいことではありません。

今回の記事では、リアルタイムで7人のセフレを持つ漢気ネット編集者が、

  • セフレ作りで失敗しないための認識
  • ワンナイトラブを乗り越える鍵
  • 誰でもできるセフレ作りの4ステップ
  • 効率的にセフレ候補を探す5つの方法
  • セフレ関係になりやすい女性の特徴

を徹底的に、包み隠さずお伝えしていきます。

しっかりと熟読し、あなたの望むままにセフレを作る方法を会得していただければ幸いです。

セフレの認識は男女で違う!

向き合っている男女カップルの足元

「お互いの快楽を追求するための後腐れのないwin×win関係、セフレを作ろう!」

しかしその前にまず前提として知っておくべきことは「セフレの認識は男女で異なる」ということです。

ここを蔑ろにすると、せっかくセフレ候補に出会った時にチャンスを掴める確率がグッと減ってしまいます。

セックスフレンドの定義は曖昧

そもそもセフレって、物凄く曖昧な定義です。なんとなく秘密で後ろめたいパブリックイメージで成り立っている概念ですよね。

ここでは混乱を避けるため、「セックスフレンド」に下記のような意味付けをすることにしましょう。

  • 恋人同士ではないけどセックスをする友人
  • 一回きりはワンナイトラブ、二回目以降がセフレ関係

俗に言う「友達以上、恋人未満」。肉体関係のある友人関係というところですね。

男にはポジティブ、女にはネガティブなのが「セフレ」

“セフレ”という言葉、我々男にとっては濁りのない、むしろ憧れるワードと言えますよね。

しかし女性にとってセフレとは、あまり感じの良い言葉ではないのです。

中には「セックス大好きでセフレも欲しい」というヤリマンフリーセックス的な女性もいますが、稀です。しかもそんな女性にはあまりそそられないのではないでしょうか?

女性はセフレではなく“恋人”になりたがる

女性が身体を許すときは、相手に対して恋愛感情が伴っていることがほとんど。好き好んでセフレ関係になることは少なく、当然一番のオンナ、つまり“彼女”になりたがるものです。

そんな女性に対して付き合っているフリをして騙す男も多くいますが、それはスマートではありません。

関係性も長持ちしないどころか、恨みを買ってしまう可能性すらあります。

男なら嘘をつかず、堂々とセフレに!

理想は長く続き、お互いに都合良く(もちろん気持ちよく)、後腐れのない状態です。

かなりのバランス感覚が必要ですが、やはり漢なら嘘をつかずに堂々と気持ち良いセフレ関係を保ちたいものですよね。

この理想のセフレ関係を実現するには、難易度の高い壁があります。

ワンナイトラブ~セフレの壁を乗り越える鍵

夜に煌びやかに輝くモーテルの看板

セフレを作るために、我々男が乗り越えなくてはいけない最初の大きな壁が「ワンナイトラブ」です。

  • 「付き合おう」と嘘をついてセックスする場合
  • 元カノをセフレにしようとする場合

上記の特別なケースを除けば、セフレを作る旅の最初は必ずワンナイトラブという形で始まります。

ワンナイトラブの相手とセフレに求めることは違う

ここでまず認識しなくてはいけないことは、「女性がワンナイトラブの相手とセフレ相手に求めることは大きく異なる」という事実です。

これは女性の立場に立ってみると想像に難しくありません。

女性がワンナイトラブの相手に求めること

  • イケメン/顔がタイプな男性
  • 筋肉質で「抱かれたい」と思える男性
  • 一緒にいて楽しい/非現実的な世界に誘ってくれる男性
  • 理想の恋愛のような甘い体験をさせてくれる男性

女性がセフレに求めること

  • 身体の相性がバッチリな男性
  • 自分を曝け出してセックスを追求し合える仲
  • 束縛や余計な詮索をしない男性
  • 経済的、精神的に余裕のある男性

まずはワンナイトラブを達成し、その後の認識を「理想のセフレ像」に近づけていく必要があります。

ワンナイトラブ前~二回目までにいかにギャップを埋められるか、これが大きな鍵になります。
 

さて、前置きが少し長くなりましたが…次項からはいよいよ、「セフレ候補をたくさん作る方法~ワンナイトラブを乗り越えるまでのSTEP」をご紹介します。

セフレを作る方法~誰でもできる4STEP~

全裸で恥部だけ隠しているセクシーな女性

セフレを作るなんて、ハイスペックなビジネスエリートやイケメン等、一部の特権階級にだけ許されること…というイメージはありませんか?

でも実はセフレは、正しい方向性で行動をすれば誰でも簡単に作ることができます。

世の中需要と供給。要はお互いのニーズがマッチする相手と巡り合えるかどうかが肝になるわけですね。

1.まずはセフレ候補をたくさん作る

あなたがいくら高度なセックステクニックを持っていたとしても、それを発揮する機会がなければセフレも何も始まりません。

セフレへの第一歩であるワンナイトラブのチャンスを増やすためには、候補となる相手を増やす必要があります。

セフレ候補の女性を周りに作っていく様々な方法は後述しますが、最も手軽で初心者にもおすすめなのは「出会い系サイト」です。

女性とのカジュアルな出会いを増やす

真剣に相手を探している人が集まる婚活サイトではなく、カジュアルな出会い系サイトがおすすめ。

メジャーどころでは、

あたりが鉄板ですね。いずれも該当広告や雑誌掲載等もガッツリと展開しているので、出会いに飢えた若い女性もウジャウジャいます。

出会い系サイトには、

  • 欲求不満でセフレ候補を探している
  • 「なんか寂しいからイイ男いないかな」というライトな動機で利用している

上記のパターンで利用している女性が多いので、ビッグチャンスがたくさん埋もれているのが特徴です。

ここでは全体のステップを解説するので、詳しい攻略法等は後述します。

2.ワンナイトラブに相応しい男を演じる

セフレ候補をたくさん増やした後は、実際に「ワンナイトラブ」というシュートを決める必要があります。

相手の女性が身体を許してくれるには、単純にモテる男になればいいです。

セフレ候補を百発百中でホテルに連れていく必要はない(母数は増やせる)ので、意外と簡単です。

  • 単純にイケメン/顔がかっこいい
  • 引き締まった筋肉質な体/マッチョ
  • 話が面白い/優しい、紳士的

上記いずれかの強みがあれば、刺さる女性は必ずいます。

シュートを決めるためのポイントを一言で強いて挙げるなら「焦らず、下心を見せず、余裕をもって、男らしく」というところですね。

3.忘れられないセックスをする

ワンナイトラブを乗り越えてセフレ関係を目指すには、女性に「また会いたい(セックスしたい)」と思ってもらうことが不可欠です。

以下の4つのポイントを押さえた上で“一発勝負”と肝に銘じておきましょう。

3-1.セックステクニック

単純にセックスのスキルは高ければ高い程良いでしょう。

ただしここで言うテクニックとは、AVでよく見るゴッドフィンガー的なものではありません。

大切なのは「いかに感じてもらい、強烈な体験として記憶に刻んでもらえるか」、つまり女性本位のセックスを心掛けるべきです。

前戯も疎かにせず、お互いに高まる気持ちを焦らし合いながら、「人生最後のセックス」という情熱を持って挑むのがベストですね。

3-2.中折れ厳禁

言わずもがなではありますが、中折れなんてしようものなら次はないと思った方がいいでしょう。

理由はどうあれ、中折れは女性を傷つけて自信をなくさせてしまいます。

  • 運動を日課にする
  • サプリで日々栄養を補う
  • 数日前からオナ禁をする

など普段から準備は怠らず、テストステロンレベルを高め、いざという時にすぐ臨戦態勢をとれるようにしておきましょう。

亜鉛等のミネラルやBCAA、アルギニンといったアミノ酸系は不足しがちなので、下半身の元気さに自信がない人は精力剤もおすすめです。

3-3.性的嗜好・探求を匂わせる

SM等のハードな嗜好は稀ですが、どんな女性も性的嗜好は持っています。性感帯もその一つ。

自分が持っている性的嗜好や妄想を実現してくれそう…と相手に期待感を持ってもらうことができたら、次はもっと…と考えてくれる可能性は高まります。

また、興味のある新たなプレイを二人で探求していけそう。というくらい安心感を抱いてもらうことも大きなポイント。

  • とにかく優しくリードする
  • 自分からオープンになる

これらを念頭に置いて、まずは自分に対する安心感と信頼性を高め、一定以上の期待値を持ってもらえるようにしましょう。

セックスレスやマンネリになるカップルとは逆の、性的な可能性を示してあげれば存在価値はグッと高まるでしょう。

3-4.ペニスのフィット感

残念ながら、「入っているか分からない」という状態では厳しいものがあります。

息子さんが平均サイズに達していないのであれば、チントレ増大サプリ等で増大させる努力も欠かせません。

サイズはあっても勃起力が弱い、等もチャンスを逃してしまうリスクになり得ます。

4.ワンナイトラブの壁を乗り越える

初回のセックスがうまくいけば、ファーストステップはクリアしたと考えて良いでしょう。

問題はこの後。セフレになるには、「ワンナイトラブの相手」を乗り越える必要があります。

セフレ関係に進化させる為に大切な4つのポイントをご紹介します。

4-1.騙さない。けどオブラートに

セックスの後、女性に「どんな関係なの?」と聞かれることもあるでしょう。

男なら、付き合う気がないなら騙すなんて絶対にやめましょう。ダサいです。

かといって「セフレだよ」とストレートに言ってしまうのも考え物。前述のとおり、女性は“セフレ”という言葉に対して良いイメージを持っていないからですね。

正直に「気持ちはあるけど、恋人のような関係にはなれない」と予防線を張っておきましょう。それでダメなら遅かれ早かれ関係性は破綻します。

4-2.人間的な魅力と、男の余裕を

これはセフレに対してだけではないですが、然るべきところではジェントルな対応を心掛けましょう。

女性は意外と男の態度や行動を鋭く観察しています。

  • 人間が出来てて魅力に満ち溢れている
  • 大人の男の余裕があって、甲斐性がある
  • 精神的に安らいでいて、相手を包んであげられる

こんな自分をイメージし、言い聞かせて、実際に振る舞うのがおすすめです。

もちろんホテルの前にレストランやバーに行くなら、その食事代もさらっと払いましょう。

4-3.一週間以内にまた会う

出来る限り、最初のセックスから一週間以内に再度会いましょう。時間は夜が良いです。

一回目は出来心という可能性もありますが、二回目のセックスができれば相当セフレ関係に近づいたと言えます。

二回目のセックスは特に重要です。「自分から離れられなくする」という意気込みで臨んでください。

ここがうまくいけば、滑り台効果が生まれる可能性があります。関係に一貫性が生じ、「セフレ」という距離感が濃厚になっていきます。

4-4.非現実を共有できる秘密の仲に

相手の女性が「セックスしちゃったけど付き合えないのか、それならもう…」とある種の背徳感を感じても、セフレ関係を続けてしまう方法が一つあります。

それは、女性に後ろめたさ以上のメリット(=体験)を与えること。

会っている間は非現実的で、夢のような時間。身体の相性も、数を重ねる度に良くなる。そんな秘密を共有している仲になってしまえば、その時には男が理想と考えるセフレ関係が成立しています。

セフレ候補の女性を探す5つの方法

さて、セフレを作るまでの流れを理解したところで、肝心のワンナイトラブの相手がいないと話になりません。

セフレ作りは「数打てば当たる」ではないですが、セフレ候補の母数を増やすことが一番の近道です。

女性との会話の場数やデート経験が増えれば、コツも掴めて成功確率も上がります。

前述したとおり一番効率的且つ簡単な方法は「出会い系サイト」を利用することですが、それ以外の4つの方法も併せて詳しくみていきましょう。

1.出会い系サイトでセフレを作る

スマホを触っているスタイルの良い女性

最もポピュラー且つ実現可能性の高いセフレ探しの方法です。

頻繁に足を使って出かけ、声をかけて恥をかき…という手間もなく試せる最も気軽な方法でもありますね。知り合いにバレずにセフレを何人も…ということも可能です。

サクラや業者の入り浸っている無料のサイトではなく、月額もしくはポイント制のサイトを使うと結果的に費用対効果が良いです。

メールのやり取りや月額契約が複雑化するのも面倒なので、1~3つ程度登録しておけばいいでしょう。

セフレ探しにおすすめな3サイト比較

前述しましたが、セフレ作りにおすすめな出会い系サイトは、下記の3つです。

どれも婚活系のサイトではなくカジュアルなコミュニティサイトなので、今どきの若い女の子と結構気軽に会えます。

一言で表す特徴
YYC日本最大級&mixiグループ運営の安全な出会い系サイト
PCMAX創業10年以上、会員数800万人越えの巨大出会い系サイト
ハッピーメール若い女性にも知名度抜群の超老舗出会い系サイト

いずれのサイトも登録無料、その後のやり取りはポイント課金形式になっています。上記三つはどれもメール送信=約50円程度ですね。

Facebookログインにも対応しています。(Facebookには一切投稿されません)

セフレを作るための出会い系サイト攻略方法

出会い系サイトでセフレを作るために大切なのは、やはり「プロフィール」と「メール」の二点です。

どのサイトでも普遍的に成果を出せるノウハウはこちら。これは丸暗記してください。

  • プロフィール写真は詐欺写メでもいいのでとにかく“盛る”
  • 複数枚設定できるなら、顔・全身・生活風景を載せる
  • プロフィール文は丁寧に、しっかりと書く
  • 女の子との連絡はなるべく小まめに返す
  • メールは質問攻めをせず、実際の会話のようなトーンで
  • 相手の関心事の話題から始めて、LINE交換に繋げる
  • 下心や焦りは絶対に見せないこと

この部分だけしっかりとやっておけば、とりあえず連絡先リストにセフレ候補となる女の子が増えていくでしょう。

LINEやカカオトーク等、プライベートなコミュニケーションアプリでの連絡に切り替えた後は、より会話的に、距離感を少しずつ埋めていくイメージです。

あとは好きな食べ物を聞いて、「美味しい○○屋がある」と誘ったり、その応用で大丈夫ですね。

普段から旅行先や食べ物の写真を送ったりして「自分」を見せておけば、相手には安心感も生まれ、デートも了承してもらいやすくなるでしょう。

逆に、セフレ候補の女性から日常的な写真等が送られてくるようになったら大チャンス。デートに誘っても断られる確率は低いです。

出会い系サイトでセフレ候補を探すときの心構え

間違ってもプロフィールに「セフレ募集中です」なんて書くのはNGです。

紳士的に誠実に、礼儀を持ち、でも余裕のある大人の遊び感を出して、相手の女性を楽しませる心意気を持つようにしましょう。

セフレになるには心の距離感を埋める必要がありますが、それは焦らず少しずつ、しかし確実に。

表情が伝わらないメールのやり取りは、言葉も慎重に選んで送りましょう。

2.クラブでナンパした女の子をセフレにする

盛り上がっているナイトクラブ

セフレを作る方法として二つ目に可能性が高いのは「クラブナンパ」です。

ただしこの方法にはいくつかデメリットもあります。

  • 外見が一定以上イケていることが必須
  • 夜の繁華街に足を運ぶ必要がある
  • 一人ではなかなか難しい
  • 女の子を楽しませる相当な話術を要する
  • 一回のチャンスでお金もそれなりにかかる

クラブに遊びに来ている女の子はワンナイトラブの経験もそれなりにある子が多いですが、ライバルもその分多いです。

外見やナンパ術に自信がない場合は、セフレ作りの方法としてはあまりおすすめできません。

対人関係に積極的な女性が多いので、ワンナイトラブはあってもセフレになるのは中々敷居が高いです。

3.合コン・飲み会の女性をセフレにする

お洒落な飲み会でワイングラスを持っている女性の手

合コンや飲み会で知り合った女性とセフレ関係になることもあり得ます。

これもクラブナンパと同様、多対多の対面スタートという状況が多いため、結局モノを言うのは外見やトークスキルになってきます。

クラブよりも女性が「ワンチャン」を求めている確率が低いため、難易度はさらに上がります。

恋愛上級者向け、もしくはオプション程度に留めておくのが無難かもしれませんね。

4.元カノをセフレにする

男女カップルの靴

意外とよくある話なのが「元カノがセフレ状態になった」という状況。

元恋人であれば肉体関係という「既成事実」があるので、ワンナイトラブにしろセフレにしろハードルはグッと下がります。

ただやはりこの場合も、「寄りを戻す気はない」と明確に意思を伝えることがマナーです。

セックスを何度もしたことのある相手なら、正直に「セフレみたいな関係になってるけど、○○とは身体の相性が良すぎて辞められない」と告白すれば、相手も同じであれば承諾してくれて、長く続くセフレになってくれるかもしれません。

5.ストリートナンパでセフレを作る

最もハードルが高く、最もお金がかからない方法がストリートナンパです。

正直なところ、この方法でセフレを作れるような人であれば、ここまでこの記事を読んでいないでしょう…。

それほど難易度が高く、外見や対人スキルだけでなく強い精神力も求められる方法ですね。

セフレ関係になりやすい女性の特徴

ショートパンツで綺麗な脚を露にしている若い女性

セフレにしやすい女性、しにくい女性というのは確かに存在します。

タイミングや状況に依るところも大きいですが、セフレにしやすい女性を見極めることができたら効率的だと思いませんか?

ここではセフレ関係になりやすい女性の性格と、女性がセフレを欲しがる理由をいくつかご紹介します。

セフレにしやすい女性の性格

1.寂しがり屋

すぐに会いたがったり、メンヘラ気質があったり、生活に満足できていない女性はセフレにしやすい傾向があります。

心も身体も満たされたいという欲が強いため、願望をパーフェクトに叶えてあげることができればスムーズにセフレになることができるでしょう。

ただし関係性を明確に可視化したがったり、束縛することも多いので注意が必要です。

2.恋愛体質

寂しがり屋と併発することも多いですが、結婚願望が強く恋愛に積極的な女性もセフレにしやすいです。

クラブに多いタイプの女性ではありますが、少し関わっただけでは判断できないことも。(実は男に飢えている…など)

反対に、婚活の過渡期に入っているなど相手選びに慎重な人は反対に難しいです。

3.社交的

社交的な女性は異性と打ち解けるのも早いので、LINEのやり取りやデートがスピーディに展開することもしばしば。

周りに友人や彼氏候補が多いケースがほとんどなので、その上でどう自分のユニークな点(他の男性とは違う何か)を見せられるかが鍵です。

サバサバしていることも多く、その場合は“セフレ”とお互いに認識して付き合いを継続できる可能性があります。

女性がセフレを欲しがる理由

世の中にはセフレを欲しがっている女性も少なくありません。ただ、男性と違って公言できないのです。

セフレを欲しがる理由としては、

  • たまたまセックスの相性がバッチリだった
  • 面倒じゃない身体の関係だけを求めている
  • 好きなセックスを思う存分したい
  • ただただ、セックスが好き

といった点が挙げられます。

最初からオープンに求めてくる女性なら楽ですが、ほとんどの場合は明かさないので、やはりワンナイトラブからの発展が主な流れになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は「セフレを簡単に作れる4つのステップと、候補探しの極意」をご紹介しました。

愛情はある。でも彼女ではない。しかしそれよりも自由でセックスに特化した関係「セフレ」。

今回ご紹介したセフレの作り方をマスターして実践すれば、あなたはいつでも自由自在にセックス相手をキープすることができるようになるでしょう。

ただし漢たるもの、以下は鉄の掟として心に刻んでほしい。

  • 相手の女性を決して騙さない
  • 相手を傷つける嘘をつかない
  • 「与えよ、さらば与えられん」の精神を持つこと
  • 愛情を持って、一人ひとりを見つめて大切に接すること

そして紳士に、情熱的に。

これらルールを守った上で、性的快楽を追求し合える最高のセフレを見つけてください。

セフレを簡単に作れる4つのステップと、候補探しの極意