デートもしない。プレゼントも買わない。

ただムラムラした時に連絡して、セックスをする。朝起きて、コーヒだけ飲んでサクッと帰る。

普段は連絡もせず、またセックスがしたくなった時にラインを入れる。

女性とのそんな関係性、漢なら誰でも一度は憧れるのではないでしょうか?

知らない人はいないと思いますが、そうした関係性にある異性のことをセフレ(セックスフレンド)と呼びます。

今回は、そんな女性が欲しくてたまらないセフレバージンの漢たちへ、セフレ獲得に欠かせない知識、セフレの概念と、セフレをゲットするために必要な心構えをお伝えします。

セフレの定義:セックスを目的として関わる異性同士

今すぐセフレを作りたくてうずうずしている方は、「セフレの定義なんてどうでもいいから早くセフレの作り方を教えろ」と思われるかもしれませんが、とりあえず一旦落ち着いてください。

セフレの意味を履き違えていると、そもそも効果的なアプローチもできず、いつまでたってもセフレができません。

焦る気持ちを抑え、夢のセフレを作るためのファーストステップとして、セフレとは何か、言葉の定義を知るところからはじめましょう。

セックス + フレンド = セフレ

まず、セフレとは、性行為を意味するセックス(Sex)と、友達を意味するフレンド(Friend)の2単語を並べて省略した言葉です。

恋愛関係にあるわけではないものの、金銭授受なしに、双方の合意の上、性行為ができる関係にある異性を、セフレと呼びます。

※ 性行為の際に金銭授受が発生している場合、それは売春行為にあたりますので、援交(援助交際)相手はセフレとは呼べません。犯罪です。

セフレは和製英語。英語では Friends with Benefits

ちなみに、セフレとは日本人だけが使う和製英語で、英語では Friends with Benefits と言います。

直訳すれば「利益ある友人」となります

「セックスをする」というお互いにとっての「利益」によって成り立っている、一つの立派な友人関係と言えるでしょう。

ワンナイトラブの相手はセフレとは呼べない

あくまでセフレは一種の友人です。

よって、クラブやナンパで引っ掛けた一夜限りの相手はセフレ(友人)ではなく、単なるワンナイトラブのお相手です

また、複数回セックスを重ねていても、性交を強要している場合、それは友人関係ではありませんのでセフレと呼べません。

聞こえは悪いですが、そのようなセックス相手はセフレではなく、レイプ相手もしくは性奴隷に近いでしょう。犯罪です。

相互利益が発生して初めてセフレと呼べる

上述したようにセフレはあくまで友人であるため、金銭等のインセンティブや脅迫などの圧力無しに双方が肉体を求め合い、セックスによる快楽や肉体関係への充足感(利益)を双方が得ることができて、初めて成り立ちます

意外と多いセフレ持ちジェントルマン

セフレがいる男性には、オラオラ系とか3代目系が多いというイメージを持っている人も多いかと思います。

また、セフレがいるなんて言うと周りから「ヤリチン」と揶揄されたり、チャラいと蔑まれる日本社会ですが、同時に何人もセフレを抱えているような漢には、実は相手の立場や意見を尊重し、思いやることができるジェントル漢が多いのです。

もちろんセックスありきで成り立つセフレ関係ですので、ペニスサイズや引き締まった肉体、セックステクニックなども大切ですが、あなたが得る快楽と満足感と同等の利益を、セフレである相手女性に提供できる漢が、セフレを手にしているのです。

そもそもなぜ、我々漢はセフレを求めるのか

不気味な表情の男性

童貞だろうが既婚だろうが子持ちだろうが、誰でもセフレがいたら嬉しいものです。

特に、20代や30代前半の若い世代には、セフレ願望が高い漢が多いです。

単に性欲が強い(テストステロンが高い)年代だというのもありますが、「生きてるうちになるべく多くの女性と肉体関係を持つべきだ」という独自の使命感に追われてセックス相手を探している漢や、セックス経験人数を自身のステータスと捉えてセフレ探しに邁進する漢も少なくありません。

漢が “セフレ>恋愛” と考える6つの理由

セックスは何も、セフレとしかできないわけではありません

誰か女性と付き合ってしまえば毎晩好きなだけセックスすることも可能ですし、お金を払えば性行為をしてくれるサービスもあります。

そんな中、なぜこれほどまで多くの漢が、彼女や風俗よりも、セフレに魅力を感じるのでしょうか?

恋愛にはない気軽さと楽しさ

恋愛関係と比較して、セフレの方が好まれる理由は主に次の6つです。

  1. 好きな時にセックスで性欲解消ができる
    高い充足感を得られる・テストステロンを高く保てる
  2. 恋愛で発生する面倒なことを気にしなくていい
    なんでも言い合える・性的快楽をとことん追求し合える
  3. デートしなくていい
    趣味など、自分自身に使える時間が確保できる
  4. 誕生日やクリスマスにもプレゼントがいらない
    自己投資などに使うお金が残せる
  5. 他の女性との関係に制限がない
    いろんな女性との場数を踏める・セックステクに磨きがかかる
  6. 数多くの女性とセックスをしたいという欲求が満たされる
    高い充足感が得られる・勝ち組感覚が得られる

要するに、セフレ関係は恋愛と比べて格段に「便利で気軽で経済的」ということです。

自己利益のみ追い求めてもセフレはできない

ロープで縛られた女性のエロいお尻

泥酔させてホテルに連れ込んだり、レイプ気味に襲ったり、お金を払ったりすれば、セックスをするというのはそれほど難しいことではないかもしれません

ただし、そうした利己主義的行いは漢気に欠ける行為である上に、犯罪です。

後々あなたに対する悪い噂が出回ってしまったり、訴えられたりして大きな損失を被る可能性も否定できません。

焦りはセフレを遠ざける

また、肉体関係のみを前提として女性に向き合う場合でも、コミュニケーションにおいて下ネタを大量に言う、むやみに体を触るなどの性欲を全面に出した行為をすると、逆にセックスの機会に恵まれないケースも多々あります。

外国人や、メンヘラ系の日本人女性には「セックスしたって減るもんじゃない」というサバサバした哲学を持っている人もいますが、YYCPCMAXにいるような上質な日本人女性とセックスしたいのであれば慎重に、まずは彼女たちの心を掴むことが必要です。

自分も相手も満足させる関係構築が大切

先ほどお伝えした通り、一夜限りのセックス相手はセフレではありません。

一瞬の性欲のはけ口になったとしても、やり逃げやなどは女性を傷つける行為ですので相互利益の上に成り立つセフレ関係とは一線を画しますし、我々漢も上記したセフレのメリットを享受できません。

しかも、セックスが本当に面白くなってくるのは同一の女性との2回目以降のセックスです。ワンナイトラブではセックスの醍醐味と言える部分を味わうことができません。

漢気ある漢がセフレに恵まれる

セフレ探しの動機はもちろん性欲ですし、我々の性欲を満たしてくれるセックスがセフレとの人間関係の核になります。

ただし、自らの快楽のみを追求する漢は残念ながらセフレ獲得からは遠く、逆にセフレ関係の本質を理解し、相手の利益を考え、紳士的心構えで女性と接すれば、自然とセフレ女性に恵まれるものです。

セフレ多きジェントルマンは女性を勘違いをさせない

めっちゃ興ざめ…セックス中や後に女性がムカつく男性の言動や行動

「セフレを作るにはジェントルマンであれ」

と漢気ネットは断言しますが、セフレを獲得した後の、その関係を長続きさせるための女性の扱い方はまた別物です。

ジェントルマンの意味を履き違えると、1回セックスしただけで関係が破綻するので注意が必要です。

近づき過ぎがセフレ関係破綻の始まり

数千人を対象にして行われたあるセフレ実態調査では、セフレ関係の破綻となったきっかけのほとんどが、相手との距離感。

「相手がセフレ以上の関係を求めてきたか」という問いに対して、セフレがいたことがある男性の91%が「はい」と答え、セフレ関係から恋愛などそれ以上の関係に発展したのはたったの6%です。

つまり、セフレ関係が破綻する原因のほとんどが、「相手が真剣な付き合いを求めてきたから」ということになるのです。

セフレと長続きする漢は女性を期待させない

我々漢は射精後すぐに覚めてしまいますし、セックスを重ねることによって相手への気持ちが深まっていくという経験をする人も、それほど多くはありません。

セックスの相性が良い子だったら、

「またあの子とセックスしたい!」
「ずっとセックスできる関係でいたい!」

とはなりますが、そのまま「あの子と付き合いたい!」という感情には、よほどの相手でなければなりません。

男女の違いを理解しておく

しかし、例え入口がセフレのような関係性だったとしても、我々漢と違い、その後すぐに真剣なお付き合いを期待する女性もいます。それも、そんな女性に当たる確率はかなり高いです。

良好なセフレ関係を長く保つには、期待させないよう振る舞うことが大切です。

余計な親切をしないのが真の紳士

眠っている男性

セックスができる関係を長続きさせたいがために、セフレ以上の関係性への発展の可能性をほのめかす人も多いですが、それは良好なセフレ関係を保てているとは言えません。

相手を喜ばせたいという良心から、付き合う気もないのに女性に過度に優しくし、結果的に女性がセフレ以上の関係を期待してしまうケースも実に多いです。

真剣に付き合っていく覚悟がないのであれば、最終的にその優しさが相手女性を傷つけることになるので、そうした優しさは単に「女性を喜ばせたい」という我々の欲求を満たすためのもので、我々漢のエゴでしかありません。

セフレ関係を長続きさせている漢の特徴

セフレとwin-winの関係を保てているジェントル漢には、以下のような特徴があります。

  • 連絡を取り過ぎない
  • プレゼントをあげない
  • 旅行などのデートには行かない
  • 将来の話をしない
  • 「付き合っている」と嘘をつかない

セフレ関係を長続きさせるテクニックに関しては他記事で紹介しますが、ここでは“紳士”とは決して単なる”優しい男”を意味する単語ではないということを肝に命じておいてください。

まとめ

デートもしなくていい、プレゼントもしなくていい、フェイスブックやインスタグラムにも登場しない。でもセックスはいつでもできる

性的快楽をとことん追求しあえる異性であるセフレには、漢なら誰でも憧れますよね。

今回は、そんな関係性の女性をゲットするためにまず知っておくべき、セフレの定義セフレ探しを始める際の心構えをお伝えしました。

「いくら女性にアプローチしてもセックスまでたどり着けない」

という人は、漢気が足りていません。

相手にも利益を与えられて初めて成り立つセフレ関係ですので、そこを履き違えている男性には、例え見た目も良くて女性に対して積極的だとしても、セフレチャンスは巡ってきません。

ちなみに、セフレ候補を見つけるには、以下の出会い系サイト&アプリが便利です。

ジェントルマンを心がけ、上のセフレ作りサイト&アプリでセフレをゲットしましょう。

キスをする美男美女カップル