妻だけEDという言葉、聞いたことありますか?

妻や彼女に対してだけ性的魅力を感じなくなってしまい、セックスする気が起きない、もしくはセックス中に勃たない…最近ではこのような現象は”妻だけED“と呼ばれています。

  • 「妻を愛しているのに勃たなくなってしまった」
  • 「妻とセックスをする気が起きなくなってしまった」
  • 「他の女性の方がエロく見えてしまう」

という悩みを持っている男性は数多く存在します。そして同じ数だけ、そのような男性の悩みが原因で不安になっている女性もいるでしょう。

妻だけEDを理由に浮気に走ったり、妻との関係が悪化し離婚を考えてしまうほどの状況に陥ってしまう人も少なくありません。

「俺のせいじゃない」
「これだけはどうしようもない」

なんて思って浮気を自己正当化しているかもしれませんが、血流など身体に問題がない男性が陥る”妻だけED”はほぼ100%が心因性の勃起不全です。

つまり、考え方や生活習慣を変えることができれば脱却できるタイプのEDです。

あなたは今のパートナーのことを心の底から愛し、その人と同じ墓に入るほどの覚悟を持って結婚を決意したのではなかったのですか?

もしそうだとしたら、あなたの“妻だけED”は確実に解決できます。

今回は、妻だけEDからの脱出する5つの方法についてご紹介します。

1. 抜き禁/風俗の禁止

官能的なスタイルの良い若い女性

“抜き禁”とは風俗などの抜きのサービスを禁止することを差します(勝手に略語を作りました)。

妻だけEDを訴える漢の多くの共通点として、キャバクラや風俗に通っていたり、妻以外をおかずにしてオナニーをしているということが挙げられます。

妻には興奮できないけど、妻以外の女性とセックスをしていたり抜いてもらっていたり、AVで他の女性の体を見ながらオナニーをしていたり…これぞまさに“妻だけED”です。

意外と認識していない人も多いですが、そのような抜きサービスが漢の脳に与える影響は多大で、抜き禁は妻だけEDを改善するためのファーストステップです。

妻だけEDは脳の鈍化が原因

「妻だけEDや彼女だけEDで悩んでいる」という声は掲示板などにも多数寄せられていますが、”妻だけED”を訴える男性の多くは漢の性的興奮のメカニズムに対する知識が不足しています。

押さえておくべきポイントは、性的興奮のメカニズムは脳から始まっており、脳が何を興奮材料と捉えるかがムラムラの引き金となっているという点です。

繰り返しによって脳が退化した状態?

妻だけEDを簡単に説明すると、同一人物(妻)と繰り返しセックスを重ねることで脳がその女性の性的魅力に慣れてしまい、裸などの興奮材料を見ても全くそそられなくなってしまうほど脳が鈍ってしまっている状態で、脳の老化状態とも言えます。

我々オスの脳は、なるべく多く子孫を残していくために多くの女性にそそられるように作られているため、妻以外の女性に興奮してしまうことはある程度致し方ないものと言えます。

ですが、風俗等で他の女性の性的刺激を受けると、我々漢の脳は妻の性的魅力に対してさらに鈍感になってしまいます。

キャバクラや風俗は脳を一層鈍らせる

「妻だけED改善法の全てを試したが効果がなかった」

などと健康食品の広告フレーズのようなことを訴える漢も見かけますが、サプリを飲んだり病院に通っても、結局キャバクラや風俗や通い・浮気・オナニーなどの、妻だけEDの根本的な原因に無頓着なケースが非常に多いです。

風俗などで妻にはできないようなレベルの高い性的刺激を受けてしまうことは、妻の性的魅力に対して鈍くなったあなたの脳をより一層鈍化させるだけです。

まずは脳を鈍らせる悪循環からの脱却を

風俗通いの漢が妻だけEDを改善できるはずがないことは、お分かりいただけたでしょうか。

妻だけEDから抜け出すには、まずは脳への“妻以外からの性的刺激”を極力排除するところから始めましょう。

プロポーズした時の妻の嬉しそうな顔、永遠の愛を誓い合った時の妻の嬉し涙を思い出し、自分自身の未来のためにも風俗や浮気から卒業しましょう。

そうすれば、妻だけEDのトンネルに光が差し込みます。

2. オナ禁/オナ減

不気味な表情の男性

オナニー禁止を意味する”オナ禁“は、妻だけEDからの脱出を望むのであれば”抜き禁”と合わせて最初に実践すべきです。

正しいオナ禁は、男性ホルモンであるテストステロンレベルを上昇させ、性欲(セックスをしたい気持ち)を高めます。

漢の性欲喪失の原因はテストステロン低下が主な原因なので、オナ禁でホルモン分泌を促進させることで性欲が高まり、そこで風俗などの抜きサービスを我慢する”抜き禁”を実施することで、妻に対する性欲が湧き上がります。

(オナ禁を実践したことのない方は、まずは”オナ禁”の正しい実践方法と効果の科学的根拠について知っておきましょう。)

→ オナ禁の全て。根拠の考察&効果を最大化するコツをお伝えします

正しいサイクルで射精する

1週間に一度のサイクルでの射精がテスロステロン値を高めるのに最も有効ですが、それ以上の頻度で射精をしていまうとテストステロン値は高められません。

「ちょっと疲れたからオナニーで済ましておこう」なんて気持ちでオナニーをしてしまうと、妻だけEDから抜け出すことが困難になります。

平日は自分をコントロールして我慢し、週末に妻でムラムラを解消する、といった生活サイクルを構築しましょう。

アダルトビデオを見ないメリット

ipadを触っている男性

オナ禁をすると自然とアダルトビデオを見ないようになりますが、AVを視聴すること自体に妻だけEDを引き起こす可能性があります。

アダルトビデオなどの商用アダルトコンテンツは、漢の性的興奮を最大限に高めるよう作られています。(参考:エロ動画の見過ぎはED(勃起不全)に?オナニーで気を付けたい4つのこと

AV、エロ動画は脳を麻痺させる

ほとんどのアダルトビデオは、現実世界ではあり得ないようなエロいシチュエーションがあったり、モデル級にセクシーな女優が出てきたり、現実的ではないセックステクをふんだんに使われたりしているコンテンツなのです。

そんなアダルトビデオを鑑賞すれば、我々漢の脳は現実世界ではあり得ないような強い視覚的性刺激に慣れてしまうことになり、妻とのセックスなど、AV世界の外のセックスで脳が十分な性的刺激を得ることが困難になります。

そのような非現実的な性的刺激を脳に与えないことは、妻だけEDを改善するために欠かせません。

自分の手でしごかないことのメリット

ペニスも体の他の部位と同じで、同じ部分に繰り返し刺激を与えていると感覚が鈍化していきます。

自分ではペニスの感じる箇所を知り尽くしていますので、オナニーではどうしても一番気持ち良いところを一番気持ち良いリズムでしごいてしまいます。

そうした刺激をペニスに与え続けていると、脳だけでなくペニス自体の感覚が鈍ってしまい、膣内刺激が感じられなくなってしまいます。(膣内射精障害にも直結します)

AVの見過ぎ、オナニーのしすぎは遅漏になる主要原因でもありますので、風俗と同時にオナニーも卒業しましょう。

妻とセックスせざるを得ない状況を構築

風俗やオナニーから卒業することができても、漢の性欲は無くなりません(テストステロンはオナ禁によって逆に上昇していきます)。

ムラムラした時、いつも性欲のはけ口としていた風俗やオナニーができないとなれば、あなたの脳はどのような状態になるか想像ができますか?

シンプルですが、妻以外での性欲のはけ口をなくし、オナ禁でテストステロン値を高めることで、あなたの脳は以前感じなかった性的刺激にも敏感に反応できるように変化します。

ピンチこそがチャンス

一動物のオスとして、誰にも種付けできない状況は最大のピンチであり、そうした状況になれば漢の脳はある程度どんな容姿でも穴さえあればなんとしても子孫を残そうと準備するようになるのです。

その結果、例え何百回、何千回とセックスを重ねた妻を相手にしても興奮できるようになるのです。

この境地までたどり着くには”抜き禁&オナ禁”を開始してから少なくとも数週間はかかりますが、欲に打ち勝ちながら強い気持ちで日々生活していくことで、必ず妻だけEDから脱却する糸口が見えてくるでしょう。

3. 妻の裸を一定期間見ない

ベッドで布団にくるまっている若く美しい女性

こちらも鈍化した脳を活性化させるための試みですが、妻の裸を一定期間見ないようにするのも妻だけEDからの脱却に有効です。

もちろん抜き禁とオナ禁の実践は大前提ですが、その上でもまだ妻に勃起できない場合は、妻の体も見ないようにすることで鈍った脳を若返らせることができます。

抜き禁とオナ禁に加え、妻の裸を見ないという日々が続けば、性欲は最高潮まで高まる上に脳は研ぎ澄まされて性的刺激に敏感になります。

外見的な興奮は“意識”次第

大好きだった妻のお尻は以前と比べると大きく垂れさがってしまっているかもしれませんが、そんなことが気にならなくなっていきます。

愛する妻ともう一度、愛のある熱いセックスをするためにも、脳が鈍化してしまっていることを素直に打ち明け、協力してもらいましょう。

4. セックストイを使う

マンネリ解消法の記事でもご紹介しましたが、セックストイはマンネリ化したセックスに新たな刺激を与えるのに非常に有効です。

こちらも抜き禁・オナ禁が前提になりますが、以前紹介したおすすめセックストイに限らず、エロいコスチュームを着てもらう等をするだけでも脳は快く反応してくれます。

毎週違ったコスチュームやトイを試してみるなどすれば、お互いの新規フェチ開拓もでき、素敵な”妻だけセックスライフ“を送ることも可能になります。

5. 心を打ち明ける

西洋の美しい建物の庭のベンチで座っているカップル

セックスにおいてだけでなく、幸せな結婚生活にはコミュニケーションが必須です。

セックスは愛を伝え合うための大切な行為ですので、セックスについて話し合う(参考:マンネリ~セックスレスを解消して新鮮な関係を保つ5つのTIPS)ことも当然大切です。

これまでの風俗体験を通して気づいた“妻も知らないフェチ”を伝えるのもいいですし、妻に対して勃たなくなってしまったことを正直に打ち明けるのもいいでしょう。

妻が歳をとったからといって目を背けるのではなく、大切なのはその妻とのセックスをどのようにして最良化できるかを考えることです。

20年、30年先の未来のことを思い、関係が壊れてしまう前にしっかりと心の内をさらけ出しましょう。

まとめ

いかがでしたか?「妻だけEDは解決できる!今すぐ夫婦で取り組むべき5つの対策法」をご紹介しました。

本当に愛している相手であれば、一人の女性だけと一生セックスすることは可能です。

男性も女性も、生き物は必ず年をとります。それと同時に性的魅力も低下していくのは当たり前のことです。

そうした現実を受け止め、風俗や他の女性との薄っぺらい関係に逃げず、一人の女性と愛を育んでいけるのが真の漢です。

“妻だけED”からの脱却にはまず”妻だけ射精”から始めてみましょう。

より精神的な理由による「妻だけED(興奮しない)」場合の解決策はこちらに書きました。併せてご覧ください。
→ 妻や彼女に興奮できない原因は…セックスレスを解消する6つの秘策

また、裏技ではありますが精力アップに欠かせない成分が豊富に凝縮されている“精力剤”を飲むのもおすすめです。

漢気ネットでは、信頼できるサプリのみを厳選してまとめています。

妻だけEDは解決できる!今すぐ夫婦で取り組むべき5つの対策法