意外と多くの漢を悩ませている、鼻づまりや鼻水。

風邪をひいているときや花粉症の時期だけでなく、慢性的に鼻づまりや鼻水に悩まされる鼻炎持ちの漢も多く、質の高い夜の営みの妨げともなっています。

そんな鼻炎漢にとって嬉しい情報が、PornhubやXvideosなどの発祥の地でもある射精先進国のアメリカで、今話題となっています。

複数の医師によると、「射精(オーガズム)で鼻づまりが治る」という事実が医学的にも認められているというのです。

オナ禁中の人には歯がゆいものですが、射精大好き鼻づまり漢にとって必見なこのトピック、詳しくみていきましょう。

漢の性生活の脅威ともなる鼻トラブル

鼻ピアスをつけている髭の生えた外国人男性

鼻づまりや鼻水は、漢にとって天敵とも言える症状のひとつです。

鼻の調子が悪いと、頭がぼーっとして漢らしからぬ発言をしてしまったり、せっかく漢らしい声をお持ちだったとしても鼻声になってしまい、相手女性に「この人ずっと田中眞紀子のモノマネしてるのかしら…?」なんて疑念を抱かせてしまいかねません。

また、重度の鼻炎に襲われた時の”いつ鼻から鼻水さんがこんにちわするかわからない恐怖心”は、女性をデートに誘うのすら億劫になってしまうほどです。

女性の前でずっと鼻をすすっていたり、鼻をかんでばかりでは、せっかくの雰囲気も台無しです。

いつ襲ってくるかわからない鼻づまり

漢気ネット読者の中には「ティッシュで鼻をかむくらいなら垂れ流しにするさ」という漢気溢れる方や、「鼻水は勢いよくすって飲み込むもの。そう、鼻水は飲み物なのだ。」という漢らしい思想をお持ちの方などもいらっしゃるかもしれません。

また、「好きなタイプは鼻水が垂れてる人」というイカした(イカれた)女性もごく稀にいるかもしれませんが、そうした特殊な例を除いて、鼻ずまりは漢にとって悪魔でしかありません。

誰にとってもいつ襲ってくるかわからない鼻づまりですが、そんな症状を瞬時に治すことができる?とアメリカで今話題なのが、射精です。

鼻のトラブルを解消できる?と噂の射精

森の中の幻想的な滝

「射精をすると鼻づまりが治る」という噂が広がった発端は、アメリカの医療系テレビ番組、ザ・ドクターズ(The Doctors)に出演した泌尿器科医のアーロン・スピッツ医師(Dr. Aaron Spitz)です。

番組では、アレルギーで鼻づまりに悩まされている一般男性が、「オナニーをするとなんだか鼻が通る気がするのですが」という素朴な疑問をドクターに投げかけました。

その質問に対してスピッツ医師は、「医学的にみて、オーガズムで鼻づまりが解消するということは間違いない」と返答したのです。信じればきっと空も飛べるはずです。

多数の医師が認める射精の鼻づまり解消効果

ザ・ドクターズの番組放送後、真相を確かめるべく、複数の米情報メディアがさらなるリサーチを実施しましたが、スピッツ医師に限らず、多くのドクターが「オーガズムで鼻詰まりが治る」と回答しています。

■英語ソース(Men’s Health)
https://www.menshealth.com/health/orgasm-benefits-for-congestion

射精で鼻が通るというのは、どうやら疑いようのない事実のようです。

寝る前のオナニーで快眠!?

日本ではまだ、テレビやネット上でも話題になっていない”オーガズムと鼻づまり”ですが、「そう言われてみればそうかも…」と感じた人も少なくないのではないのでしょうか。

オーガズムの快感のあまり、射精前と後で鼻の通り具合が変化したかを意識したことがない人がほとんどかもしれませんが、「寝る前にオナニーやセックスをすると寝つきが良い」という人は結構いて、もしかすると、オーガズムによる鼻づまりの解消が快眠の鍵となっているかもしれません。

「射精で鼻スースー」のメカニズム

白髪の生えた初老男性の横顔

鼻づまりや鼻水の薬を飲まずとも、射精するだけで症状が解消されるというのはあまりにも都合が良すぎるような気もしますが、我々のオーガズムの際に、体内では一体どのような変化が起きているのでしょうか?

性的快楽によって、お鼻の問題が解決するメカニズムを詳しく見ていきましょう。

交感神経系の活性化で鼻腔が拡大

性行為やオナニーなどで性的興奮状態にあるとき、我々の交感神経系が刺激されます。

米クリーブランド・クリニック(Cleveland Clinic)のマイケル・ベニンジャー医師(Dr. Michael Benninger)によると、交感神経が刺激されることによって「鼻腔内の収縮が起き、鼻甲介(びこうかい)と呼ばれる部位が縮こまる」ようです。

オナニー中に鼻がスッキリするのは、性的興奮状態の時に鼻の中で起きる収縮運動によって、空気が出入りするスペースが広がって鼻呼吸が楽になる、というメカニズムによって引き起こされています。

性的興奮をコントロールする自律神経

もう少し細かい話をすると、我々の体の様々な機能は、我々自身の意思によって制御できない自律神経(交感神経と副交感神経)によってコントロールされています。

これらの自律神経系は、内臓の働きや血管の収縮などの働きもをつかさどっていますが、オナニーやセックス中の性的興奮も自律神経によってもたらされています。

アドレナリンが鼻の穴を拡張

性的刺激を受けると、自律神経の働きによって興奮作用のあるアドレナリンが副腎髄質(ふくじんずいしつ)から分泌されますが、同時に鼻の中では血管収縮が起こります。

このアドレナリンの働きによって、腫れて肥大していた鼻の中の部位が小さくなり、空気が通ることのできるスペースが広がり、鼻が通るようになるのです。

ちなみに、一般的な鼻づまりというのは鼻くそが詰まった状態ではなく、鼻の中が炎症を起こして腫れている状態です。

興奮で鼻への意識が薄れることもプラスに

アドレナリンによる鼻腔内の血管収縮と同時に、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質も、鼻づまりの解消に寄与しているとされています。

セロトニンとドーパミンは、我々の快感と深く関係していて、性的興奮状態にある時や射精の際にも分泌されています。

快感物質が鼻づまりを感じにくく

米マヨ・クリニック(Mayo Clinic)の泌尿器科医、ランドン・トロスト医師(Dr. Landon Trost)は、これらふたつの神経伝達物質によって、鼻づまりの不快感や鼻水が垂れそうになることへの不安感が軽減され、鼻トラブルの症状を感じにくくなると言います。

セックスは、ただの遊びではなく、人間を含む動物にとって子孫を残すための大切な営みです。

そんな大切な営みをたかが鼻づまりに邪魔されてはたまったものではありませんので、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が「鼻なんて気にするな」と脳に訴えかけてくれているのかもしれません。

一時的でしかないオーガズム効果

マッチで火をつけている若い男性

上述したように、性的興奮やオーガズムは、血管の収縮による鼻腔の拡張を促すと同時に、精神を高揚させることで鼻づまりや鼻水への意識を薄れさせ、鼻のトラブル解消に寄与すると考えられています。

オナニーなどの快感によって鼻のトラブルが抑えられるという事実は、鼻づまり漢にはなんとも朗報なのですが、残念ながらその効果は限定的です。

アドレナリン分泌量と同時に下がる効果

性的興奮状態にある時にたくさん分泌されているアドレナリンですが、射精の直後に一気に興奮が冷めることからも想像できる通り、一度オーガズムに達すると急激に分泌量が下がります(男性の場合)。

個人差はありますが、アドレナリン量が元の状態に戻るのが射精(オーガズム)後20分〜1時間ほどで、アドレナリンの減少に伴って鼻の状態も元に戻ってしまいます。

症状が悪化してしまう可能性も

さらに、先ほどのベニンジャー医師は、射精による一時的な鼻通り改善は認めるものの、「抜いた後、抜く前よりも鼻が詰まった状態になる可能性もある」と指摘します。

よって、オナニーやセックスは鼻づまりの症状を一時的に軽減させることには繋がるものの、「鼻づまりを治す」ことはできず、長期的に見ると、鼻の諸症状の解決策にはなりません。

オナニー以外の鼻づまり改善策

記事の途中まで読んで、「よっしゃ。鼻つまったらオナろう。」という考えた方には申し訳ありませんが、鼻トラブルの本質的な改善には、他のアプローチがおすすめです。

鼻のトラブル解決には、鼻炎の薬を服用するのが最も手っ取り早い治療方法ですが、鼻炎関連の薬には眠くなる成分が入っているものも多く、あまり積極的に服用したくない人もいます。

「眠くなるのはちょっと。。」という方には、ナザールなどの鼻づまり解消スプレーなど、飲み薬以外のものもおすすめです。

温めて鼻通り改善

また、「鼻の薬は使いたくない」という鼻づまり漢たちにとっては、暖かいタオルで鼻を温めることや、ツボ押しのオプションもあります。

ポピュラーな鼻づまり解消法として、蒸しタオルなどの暖かいタオルで鼻を覆うというのがあり、こちらも効果はオナニー同様に一時的なものですが、意外と効果があります。

ツボ押しにも鼻づまり解消効果が

また、鼻周辺のツボを刺激するのも鼻づまり改善の効果があるとされています。

小鼻の両サイドには迎香(げいこう)と呼ばれるツボがあり、そこを指でマッサージすることですることで鼻づまりが改善されると言われています。

また、鼻のつけね(目の間に近い部分)には睛明(せいめい)と呼ばれるツボがあり、これも迎香と同様に、マッサージすることで鼻の通りが良くなると言われています。

まとめ

いかがでしたか?

今アメリカで話題となっている”オナニーと鼻づまり”ですが、今回の内容をおさらいしておきましょう。

  • 射精で鼻づまりが治るのは事実
  • アドレナリン分泌による鼻の血管収縮が鼻スースーの理由
  • 残念なことにオナニー効果は一時的
  • 鼻づまり解消には、鼻を温めたり、ツボを押すというオプションも

効果は一時的ではありますが、オナニーやセックスなどをすると鼻づまりが改善されるということは医学的にも認められている事実です。

オナニーのしすぎはED(勃起不全)の原因ともなりかねませんのでやりすぎは禁物ですが、鼻づまりのせいで寝付けないような場合は、就寝前に一発抜くことで、安らかな眠りにつくことが可能になるかもしれません。

皆さんも一度、鼻が詰まっている時にオナニーかセックスをしてみて、鼻環境のビフォー&アフターを体感してみてください。

エロ動画の見過ぎはED(勃起不全)に?オナニーで気をつけたい4つのこと

英語ソース(Men’s Health)
https://www.menshealth.com/health/orgasm-benefits-for-congestion

英文ソース(テレビ番組:The Doctors)
https://www.thedoctorstv.com/articles/4474-can-an-orgasm-relieve-a-stuffy-nose

鼻水・鼻づまりは射精で解消される?オーガズムと鼻炎の意外な関係
ABOUTこの記事をかいた人
漢気ネット編集部

日々ストイックに「本物の男」を追求するツヨシ(左)と、クールな理論派でありながら凄腕のナンパ師でもあるコースケ(右)。二人に共通する理念は「紳士的に、大胆に」。

    サイズの悩みを解消!増大サプリランキング

    下半身の弱さを解消!精力剤ランキング